木構造建築研究所 田原
木構造技術開発

木構造建築研究所 田原の国産材等を利用した
木構造における技術開発実績

当事務所では、国産材(杉等)を実務に活かした構造技術を提案いたします。

以下の内容については、当事務所等に著作権及び特許権等があり、また、構造用面材のパネルについては製造者等に特許権がありますので、ご注意ください。

なお、当事務所においては、国産材(杉等)を活かした構造技術の開発を行っており、地方自治体及び森林組合等の木材関係者、また中小工務店への技術開発のご依頼も受け付けています。


実績内容
1996年 (財)日本住宅・木材技術センターの 「木造住宅の耐震診断・耐震補強委員会」の活動の一環として 面格子を利用した耐力壁を提案、構造実験に参加しました。
1997年 北信越地区の住宅メーカーの 合理化工法のための構造システム開発に携わり、 (財)日本住宅・木材技術センターへの合理化申請に携わりました。
1998年 OMソーラー協会より木構造住宅研究所の一員として
フォルクスC改良型の 構造システム開発に携わりました。
1999年 木構造住宅研究所の一員として、旧(株)中部機械の開発した  構造用パネル「Jパネル」の 構造性能評価に携わりました。
1999年 京都府美山町産の杉の板材を利用した 高剛性の水平構面性能実験 {その1} を行い、流しダボ工法を開発しました。
1999年 (財)日本住宅・木材技術センター 木構造建築研究所 田原が提案し採用された横架材の押さえ効果の検証として 性能規定化に向けた新しい設計法(許容応力度設計法)における 柱カウンターウェイト検証実験を行ない、その結果が現行の設計法に採用されました。 (N値計算法の鉛直荷重による押さえ込み係数=L のデータ及び根拠等)
2000年 木構造住宅研究所の一員として 大分県上津江村 第3セクター 「トライ・ウッド」の構造用パネル「トライウッドパネル」の  構造性能評価に携わりました。
2001年 高知産杉及び吉野産桧の板材を利用した 高剛性の水平構面性能実験{その2} を行い、せん断抵抗ダボ工法を開発しました。
2002年 京都府美山町産の杉を利用し、 「ともいきの杉」グループの構造担当として、4寸角工法の構造システム開発 (樹齢25年程度(末口径12cm程度)の杉を利用して  スパン2間程度の床梁も含めた全構造部材を構成した新工法)を行いました。
特許取得
2002年 京都府美山町産の杉を利用し、 「ともいきの杉」グループの構造担当として、合理化した工法の構造システム開発しました。
2003年 関西大手住宅メーカー依頼による耐震補強金物を開発しました。
(壁体・接合部・基礎一体型補強システム)
共同特許取得
up
2004年〜
 2016年
鳥取県林業試験場の県産スギ間伐材を用いた住宅用耐力壁の開発に関する技術協力
(耐力壁)
up
2009年〜
 2013年
ラスモルタル外壁の耐震性能に関する研究
(NSK耐震補強研究会)

その他の実務に役立つ研究等

現在、Zマーク表示金物等における実務での使用方法が、構造性能を確保する事が難しいような施工事例が現場で起きています。

これは、公的機関よりの金物接合ディテールの情報が全くと言っていいほどなく、そのため取り付けるときに混乱をきたしているものと思われます。

そこで、金物も性能を引き出す様に使用して初めて性能を発揮する事ができるのに、よく「金物なんて穴だらけにして、木材をいためるので、危ないから使わないほうがいい」などと職人から聞く事があるが、これは危険な取り付け方をしなければ良いのであり、せっかくの性能を持った金物も「猫に小判」と言う様になってしまいます。

このようなことに対し、少しでも役に立つ情報として木造建築関係者(設計者・施工者)等へ提供するものです。


内容
1996年 建築学会にて発表した、
「釘の違いによる合板耐力壁および接合金物の荷重と変形について」
2003年 背割り柱に取り付くホールダウン金物の影響等
2003年 ホールダウン金物用座付きアンカーボルトを使用した場合の問題点
2003年 釘の打ち方を注意する必要性