住 所 長野県下高井郡野沢温泉村
電 話 0269-85-3111(野沢温泉村役場)
交通機関 上信越自動車道豊田飯田ICから国道117号線等で約20km
JR飯山線戸狩野沢温泉駅からのざわ温泉交通バス野沢温泉行きで20分、終点下車
施 設 簡単な脱衣場のみ。
付近に駐車場スペース無し。300mほど離れた野沢温泉村営駐車場を利用
宿 泊 不可
泉 質 含石膏-食塩・硫黄泉((観光協会HPに記載の通り) 現地表示は単純硫黄泉
適応症 不記載(理由は「温泉の基礎知識ー温泉の効能」参照)
入浴時間 5時~23時(11月~3月は6時~23時)
定休日 無休
入浴料金 宿泊客は無料でもいいと思うが、立ち寄り湯の場合は寸志を賽銭箱に投入したい。
入浴施設 内湯男女各1
浴室備品 シャンプー類無し、小型の貴重品入れあり。
観光スポット 近隣:おぼろ月夜の館[斑山文庫]上の平高原ハイキング、つつじ山公園、麻釜、千仏堂、日本スキー博物館
善光寺、妙高高原、黒姫高原、戸隠高原
お土産・食事 土産:本場の野沢菜 「新杵製菓」の温泉まんじゅう
食事は温泉街に多数 
近くの温泉 馬曲温泉、松之山温泉、秋山郷の温泉、赤倉温泉、新赤倉温泉、妙高温泉、関温泉、燕温泉、渋湯田中温泉郷
野沢温泉村HP
村観光協会HP
旅館組合HP
野沢組HP
http://www.vill.nozawaonsen.nagano.jp/gyosei/
http://nozawakanko.jp/
http://nozawa.jp/
http://www.miy.janis.or.jp/~nozawa-g/
雑記帳 次回の野沢温泉は大湯近くのあさやに宿泊、残りの共同浴場を制覇したいと思っている。
データ (変更されている可能性もあります。お出かけ前にご確認ください。)

すぐ近くにある温泉の洗い場

「熊の手洗い温泉街」のアーチ

早朝、アル散歩中に慌ただしく入浴


野沢温泉の13軒の共同浴場、その中にあって愉快な名前の「熊の手洗湯」で朝風呂をした。ここの温泉は野沢温泉にあって珍しくも温度が低めで、入浴しやすく人気があるそうだ。

野沢温泉の共同浴場は、かっては24時間入浴可能だったが、利用者のマナーの悪さで、現在の営業時間(5時~23時)になったという。
本当に残念なことだ。
それでも早朝5時から入浴出来るのは凄い!(12月~3月は6時~23時)。

村のホテル住吉屋に宿泊、周辺の共同浴場6ヶ所を、夕と朝に分けて巡った。

熊の手洗湯は、早朝の愛犬の散歩の途中で立ち寄った。
昔、手負いの熊が温泉に手を入れて傷を治したという伝承がある風呂だ。
なんとも可愛い名前で嬉しくなるが、
大湯・河原湯と並んで歴史ある共同浴場のようだ。

先に入浴していた男性は、これまでに野沢の共同浴場全てを5,6回巡ったという方だが、「ここが一番温くて入りやすいんですよ」と教えてくれた。

素朴な湯屋の熊の手洗湯。

温泉名 : 野沢温泉
所在地 : 下高井郡野沢温泉村

長野県は温泉の数において、北海道に次ぐ第2位だ。
信州を代表する温泉と言えば、文句なく北信の名湯・野沢温泉である。
いや、草津や別府などと並んで日本を代表する温泉と言っていいだろう。

野沢温泉は毛無山の山すそ、坂の多い狭い路地に、温泉宿(旅館組合HPには22軒掲載)・土産物屋が軒を連ね、さらに徒歩ですべて周れる13ヶ所もの共同浴場が点在する情緒タップリの温泉街だ。

野沢温泉の湯は、江戸時代から地元の人によって守られてきた。
温泉を統括する野沢組、共同浴場は、いまも「湯仲間」という自治組織によって管理・運営されれている。

大湯には薬師三尊を、その他の湯には十二の神将を奉り、野沢の湯まもり仏としている。
現在は13ある共同浴場は全部無料で開放されているが、地元の人への感謝の意を込めて、賽銭箱に寸志を入れて置きたい。

施設名 : 熊の手洗湯 (入浴日:2009.5.16) 

野沢温泉村は長野県の北部に位置し、南側は毛無山(1650m)を境に木島平村に接し、西は千曲川を隔てて飯山市と境をなし、北と東側は栄村(秋山郷)と接している。、標高差は300mから1、650m迄あり起伏の多い地形になっている。

村の50%が山林で上信越国立公園に指定され、その内、297ヘクタールがスキー場区域となっている。
一日の最大降雪量が82cmを記録したこともあり、全国屈指の豪雪地帯である.。

鎌倉時代中期の文永9年(1272年)には「湯山村」として登場しており、その頃から温泉が湧き出ていたことが分かる。
大正12年には村にスキー場が造られ、温泉とスキーを中心とした村づくりが始まっている。

平成10年の長野オリンピックでは、会場の1つとして野沢温泉スキー場が選ばれて、世界的にその名が知られるようになった

宿泊者はともかく、立ち寄り入浴の場合は、地元の方に感謝しして賽銭(寸志)を入れよう。

風呂は細かなピンク色のタイルで縁どられ、浴槽が1:2の割合で2つに仕切られている。
小さい方が熱湯で、大きい浴槽がぬる湯になっている。

2種類の源泉が使われているようで、、熱湯が二本の源泉の混合泉、ぬるい方が、野沢温泉の中で一番温度が低い(43度)という熊の手洗源泉が使われている。

熱い方は最初から入浴を遠慮、ぬるい浴槽の方だけ浸かった。
温いと言っても、41度くらいか・・私にとっては適温だった。
白っぽい湯の華が舞い、わずかに硫黄臭がして肌触りがなめら、上質の温泉である。

13湯の共同浴場の中では、温泉街の中心にあり、豪快な湯屋建築ということもあって、宿泊客や観光客の多くが大湯に入浴する。
一方、野沢温泉の共同浴場を良く知る人は、2つの泉質を楽しめ、ぬる湯もあるここ熊の手洗湯の人気が高く、入浴者が絶えることがない。

左が熱湯、右がぬる湯。ぬる湯は心持緑がかって、白い湯の華が舞う。左側は木樋で温泉を投入せず、外に流して温度を調整していた。

他の共同浴場と同じく、脱衣場と浴槽が一体となっている。共同浴場に似合うケロリン桶が積んであった。

源泉数は30か所余り、そのほとんどが40度を超える高温泉。写真は野沢温泉のシンボル、麻釜(おがま)源泉で国の天然記念物。

野沢温泉の温泉街風景

野沢温泉 熊の手洗湯 (長野県)