プロフィール


SAKAMOTO
古楽コンソート

ヨーロッパの中世からバロック時代までの音楽を当時の楽器(復元楽器)を使って演奏する合奏団で
1993年、ファミリーを中心メンバーとして結成された。今までに歌手やチェンバロ奏者
バロックダンサー等をゲストに迎え、西日本各地で数多くのコンサートを行っている。
1996年には渡欧しスウェーデンのヨーテボリ大学でコンサートを行った。
最近ではヨーロッパ各地の民族音楽も合奏団のレパートリーとしている。
地元奈良では春日大社や薬師寺での奉納演奏を始め、奈良市立公民館、奈良市音声館
奈良町物語館、奈良町にぎわいの家、奈良親と子の劇場、(財)社会教育財団など、各種公共団体からの
招聘コンサートの他、小学校、中学校でのスクールコンサート等も行っている。

主なレパートリーはこちら



        坂本利文 (ヴィオラ・ダ・ガンバ、フィーデル、レベック、レバーブ、ハーディガーディ
                       ニュッケルハルパ、リュート、ウード、サズ、打楽器)
 
 












  東京尚美音楽院 (現 尚美ミュージックカレッジ専門学校 ギター科卒業。
  その後、ダンスリールネサンス合奏団の創設者である岡本一郎氏の勧めで
  ヴィオラ・ダ・ガンバを始め、1974年に『ダンスリー・ルネサンス合奏団』に入団。
  以後6回のフランスコンサートツアーに参加しフランス全土で演奏会を行う。
  1981〜83年、ブリュッセル王立音楽院に留学しガンバをW・クイケン氏に師事
  室内楽をD・フェールスト氏に師事する。
  1986〜89年にはスウェーデン国立古楽合奏団『ユースタッツ・ピーパレ』に所属し
  スウェーデン、デンマーク、ポーランド等北欧を中心にで演奏活動を行う。
  1990年、ヴィオラ・ダ・ガンバアンサンブルを中心とした『オルティスコンソート』を創設。
  26回の定期演奏会を含む演奏活動を継続中。
  1993年、ファミリーを中心メンバーとした『SAKAMOTO古楽コンソート』を結成。
  様々な復元古楽器による演奏会を展開中。
  1983年度から2013年度まで大阪音楽大学でヴィオラ・ダ・ガンバ及び室内楽の指導を行う。
  2004年度から2014年度まで同志社女子大学学芸学部の嘱託講師としてギターとヴィオラ・ダ・ガンバの指導を行う。
  1983年から2015年度まで33年間に渡り相愛大学音楽学部古楽器科で非常勤講師を務め、ヴィオラ・ダ・ガンバと室内楽の指導を行う。

  現在 オルティス・コンソート主宰、日本ヴィオラ・ダ・ガンバ協会会員


      坂本洋子 (リコーダー、クルムホルン、ティンホイッスル、葦笛、骨笛
                      ゴシックハープ、打楽器)

                 

  大阪音楽大学作曲学科楽理科専攻。
  リコーダーを藤田隆、神谷徹の各氏に師事。

  第1回日本リコーダーコンクールアンサンブル部門で最優秀賞受賞。
  1977年〜81年、『ダンスリー・ルネサンス合奏団』の管楽器奏者として演奏活動を行う。
  77年と81年にはフランスコンサートツアーに参加しフランス各地での演奏会。
  1981〜83年、アントワープ王立音楽院古楽器科に留学しリコーダーをB・デーレンベルク氏に師事、
  室内楽をD・フェールスト氏に師事する。
  その後海外での活動を経て1993〜1999年、奈良教育大学で非常勤講師を務める。
  現在 コンサート活動のほか、リコーダー教室も主宰している・
      オルティス・コンソートメンバー。


      坂本龍右 (リュート、テオルボ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、フィーデル、レベック、ウード、サズ)


               

                 

  東京大学文学部(美学藝術学専修過程)卒業。
  古楽器奏者の両親の影響を受けて3歳頃から古楽に興味を示し、サズ(ロングネック・リュート)を弾き始める。
  父の手ほどきで6歳からリュートを、また10歳からはヴィオラ・ダ・ガンバを弾き始める。
  1994年、第8回日本古楽コンクールにおいて最年少(10歳)で本選出場者に選ばれ注目を浴びる。
  これまでにH・スミス、J・リンドベルイ、
P・オデットの各氏にリュートの、
  またW・クイケン氏にヴィオラ・ダ・ガンバの指導を受ける。
  現在、リュート及びヴィオラ・ダ・ガンバ奏者として様々なアンサンブルと共演している。
  近年は主に古楽器を対象とした作曲や編曲なども手がける。
  在学中に渡欧して録音を行い、2007年3月ムジカ・レディヴィーヴァ・レーベル(スウェーデン)よりリュートソロCDをリリース。
  2008年10月からスイスのバーゼルスコラカントゥルムのマスター課程に在籍し、2011年7月修了。
  2013年6月スペシャルマスター課程を最優秀で修了。引き続きヨーローパ各国及びアメリカ等でソロ、およびアンサンブルで演奏活動を展開中。
  2013年7月にイタリアのラクイラで開催された国際古楽コンクールのリュートソロ部門において、
  1位(2位なし)を受賞。同時に聴衆賞も受賞する。
  個人H.P.は http://ryosukesakamoto.com/


  ack