所在地 : 苫田郡鏡野町(とまたぐんかがみのちょう)

胸くらいまで来る深さで、岩盤を利用しているので、底はごつごつで大きな段差がある。

昭和3年創業、木造3階建ての「東和楼」。第一回目の際の撮影。前代の愛車が懐かしい。

鏡野町は岡山県の北西部に位置し、北は鳥取県、東南は津山市、西は真庭市に接している。

人口が14,000人ほど、2005年3月に鏡野町・奥津町の2町と2村が合併した小さな町だが、町域全体に著しい過疎化が進んでいる。

市域を県下三大河川の一つ、吉井川が南北に縦貫し流域に平地が開けている。
その上流には、湯原温泉・湯郷温泉とともに美作三湯の一つ、奥津温泉が湯煙を上げている。

町の主な産業は、米・果樹・野菜などを中心とする農業と林業で、温泉、キャンプ場、スキー場などの観光資源も有する。

自然の岩盤を利用した風呂なので、入口の踏み石も自然のままで滑りやすく注意!

右端に洗面台があるだけ。洗い場が無く、注意しないとシャンプー類が湯船に入ってしまう。

これ以上無いほどのシンプルで狭い脱衣場。

以前と同じように女将が親切に応対してくれた。入浴料は800円、時間は10時~15時(予約不要)

地下道を通り川の方向に向かう。

今回撮影。6年前と東和楼も街並みもぜんぜん変化していない。この一帯だけ時が止まったようだ。

施設名 : 東和楼 (入浴日:2004.2.24 第2回目:2010.4.21)

吉井川の対岸から見る温泉街。右から奥津荘・東和楼・河鹿園が建ち並ぶ。奥津温泉から下流約3km続く名勝・奥津渓は、天然記念物に指定されている花崗岩が浸蝕された奇岩・奇勝が点在し、特に秋の紅葉の時期は素晴らしい。


部屋はわずかに10室(T1 BT無し9)、宿泊料金は平日:10500円、休前日:11,550円、特別期:13,650円~(2010年8月現在))だが、最新・詳細情報は下記の宿のHPを参照ください。

今回は珍しくも1人旅、島根県の温泉宿に2泊しての帰りに、少し遠回りして久しぶりの奥津温泉に立ち寄った。

目的は軒を連ねて建ち並ぶ奥津荘(初)、東和楼(2回目)、河鹿園の一挙制覇。
ところが「鍵湯」で有名な奥津荘は「本日は都合により日帰り入浴を休止します」の札がかかり、河鹿園は到着時間が早くて入浴受付時間まで2時間余り。

そこで、2回目の東和楼とすぐ近くのモダンな温泉日帰り施設「花美人の里」に立ち寄った。

何れも源泉かけ流しの旅館3軒、「奥津荘」「東和楼(とうわろう)」「河鹿荘」が隣り合わせに建ち並ぶ。

温泉教授・松田忠徳氏が、著書「日本百名湯」で奥津温泉をその中の一つとして選考、旅館はここ東和楼を推薦している。

創業は昭和3年、木造3階建て、僅か10室の素朴な温泉旅館だが、教授が東和楼を推薦した理由は、ここの風呂にある。

地下に下りて行き、トンネルをくぐった先に、詰めてようやく4人が入れる岩風呂がある。深めの湯舟の岩盤の底から、わずかにラムネ色がかった42.6度のアルカリ性単純温泉が自噴していて、肌にシットリした湯が惜しげもなくあふれ出ている。


入浴後、ご主人を亡くした4代目の館主、福原禮子さんに奥津温泉のことをいろいろ伺った。松田教授がここに3回やってきたこと、沖縄などの遠隔地から、ここの湯に浸かるためにやってくる常連客のことなど、立ち寄り湯の我々に快くお話くださり、去るときにはご丁寧に玄関先で見送っていただいた。本物の温泉に拘る方にはお奨めの宿だ。(前回訪問の際の記事)

もう一つの入浴可能な露天風呂。温度はかなり低かったが冷たいほどではなかった。

名物の足踏み洗濯ショー(3月~12月の日曜・祝日)専用露天風呂。右に入浴可の内湯がある。

通りに面して奥津荘・東和楼・河鹿荘が並ぶ。

奥津温泉は美作三湯の中でもっとも俗化度が低い小さな温泉地で、民宿を含めてわずか8軒の宿が、吉井川を跨ぐ奥津橋の周辺に点在している。

江戸時代、津山藩主・森忠政がこの温泉を愛し、幾度となく湯治に訪れ、後に藩主の別荘もここに建設された。
忠政は、ふだんは浴室に
鍵をかけさせて一般の入浴を禁じたので、この湯は「鍵湯」と呼ばれた。(現在の奥津荘)。

本格的な温泉旅館が建ち始めたのは大正時代からで、昭和に入って、歌人の与謝野鉄幹・晶子夫妻や版画家の棟方志功などの多くの文化人が訪れている。

直木賞作家・藤原審爾が、奥津温泉を舞台にした「秋津温泉」を著作。
これが昭和37年に岡田 茉莉子
がヒロインを演じて映画化されて、奥津温泉は一躍全国に知られることとなった。

現在の温泉は、地下150mから汲み上げる40℃を超えるアルカリ性単純温泉で、1分間に1000リットルの湯量を誇る。
アルカリ性なのでしっとりした優しい感触、奥津では美人の湯と宣伝している。

温泉名 : 奥津温泉

奥津温泉を流れる吉井川、桜が満開だった。

奥津温泉が湯煙を上げる吉井川上流。

底のボーリングホールから湯が噴出される足元湧出の温泉で、仰向けに横になると体が浮き上がるほどだ。

浴槽は詰めて4人位入れるが、この人数が立って会話している姿を想像すると・・・泉質はアルカリ性の単純温泉でやや温めでとても柔らかく、細かな泡が皮膚に付着した。

奥津橋から丸見え。当日は雨、脱いだ衣服を置く所がないので入浴を逃した。

日帰り温泉施設「花美人の里」で温泉が買える。

奥津温泉 東和楼 (岡山県)

住 所 苫田郡鏡野町奥津53
電 話 0868-52-0031
交通機関 中国自動車道院庄ICから国道179号線で約22km
JR津山線津山駅から中鉄バス奥津温泉行きで約60分で終点下車
施 設(立ち寄り ロビー駐車場(少し離れた所に有り)
宿 泊 10室(T1 BT無し9) 、10,500円~
泉 質 アルカリ性単純泉(泉温42.6、PH9.2)
適応症 不記載(理由は「温泉の基礎知識ー温泉の効能」参照)
外来入浴時間 10時~15時  予約不要
定休日 無休(不定休)
入浴料金 800円 
入浴施設 内湯男女各1、貸切風呂1
浴室備品 シャンプー、ボデイソープ、ドライヤー
観光スポット 奥津渓谷、ここに宿泊して岡山市(後楽園等)、倉敷観光
お土産・食事 温泉街すぐ近くの道の駅「奥津温泉ふるさと物産館」や日帰り施設「花美人の里」にて可
近くの温泉 般若寺温泉、上斎原温泉、湯原温泉
鏡野町HP
観光HP
東和楼
http://www.town.kagamino.lg.jp/
http://kanko.town.kagamino.lg.jp/
http://www.mountaintrad.co.jp/~touwaro/
雑記帳 出来るだけ早く奥津荘に泊まる予定だ。
その際に、今回逃した河鹿荘、それに河原の露天風呂にもチャレンジしてみたい。
データ (データは変更されている可能性もあります。お出かけ前にご確認ください。)
最初の訪問は温泉仲間のAR・AKさんと共に。
一日目は、スタッドレスタイヤを履いた私の車で兵庫県日本海側の浜坂町に向った。目的は冬季だけのズワイカニ(松葉ガニ)と温泉だ。
七釜温泉の民宿でカニ三昧、翌日、国道178号線を西に進み、鳥取大砂丘を観光後、国道53号線から国道482号線に乗り換え、ヘアピンカーブの連続、道の両脇に多くの雪が残る辰巳峠を越えて奥津温泉に向った。

それから6年後、
珍しくも1人旅で島根県の秘湯を巡って2泊、最終日、少し遠回りして奥津温泉に向かった。
家内を待たせる心配が無いので、建ち並ぶ奥津荘・東和楼・河鹿荘の一挙制覇が目標だった。
雪の辰巳峠越え

改定版