1回目:合掌造りで名高い白川郷にほど近い平瀬温泉にある日本秘湯を守る会の宿「藤助の宿ふじや」に宿泊し、五箇山を含めた世界文化遺産を観光、「大白川露天風呂」や「しらみずの湯」などにも立ち寄ってから、次の宿泊地、白山スーパー林道沿いの「中宮温泉にしやま旅館」に向かった。

2回目:東京からの帰り、初日に松本に近い浅間温泉に宿泊。翌日は美ヶ原温泉やさわんど温泉に立ち寄り、2泊目は日本秘湯を守る会のスタンプ10枚による無料招待で、再び平瀬温泉・藤助の宿ふじやに宿泊、すぐ近くのここしらみずの湯でも再入浴した。

石造りの内湯

眺望がある露天風呂

国道156号線沿い、道の駅「飛騨白山」の隣に建つしらみずの湯は、オープンして5年ほどなので外観も館内も真新しい。
入浴料金は600円、営業時間は午前10時〜午後21時まで(冬季は11時〜午後8時)、定休日は毎週水曜日になっている。

風呂は、内湯として中型のタイル張りの風呂、桧の寝湯、それにジャグジーがある。内湯からは、太い柱に支えられた屋根の下に石で縁取られた7,8人が入れる岩風呂に出られる。
露天風呂からは、自然林の緑が眩しい山を眼前に見ることが出来る。
浴室・風呂の全体的な印象は機能的でシンプル、豪華とか情緒たっぷりとかは言えないが、白川郷の帰りに気軽に立ち寄るには都合が良い。

地獄谷から引いた源泉は96℃あるが、15kmの引湯の間に60℃ほどに下がっている。しかしまだ高温なので、熱交換器で温度を下げたり、季節によっては加水した上で掛け流しにしている。
2本の源泉の混合で、泉質は含硫黄ーナトリウムー塩化物温泉、透明で僅かに硫化水素臭、口に含むと少し塩味がした。
施設名 : しらみずの湯 (第一回入浴日:2008.6.13 第二回入浴日:2010.10.1))
温泉名 : 大白川(おおしらかわ)温泉
所在地 : 大野郡白川村

浴室入口

広い洗い場

掛け湯と桧の寝湯

平瀬温泉(大白川温泉)の横を流れる庄川。

2回目の平瀬温泉宿泊の際に見た蕎麦の畑。

東海北陸自動車道荘川ICから国道158号線をほんの少し走ってから国道156号線に乗り換えて北上すること約20km、ダム湖である御母衣(みほろ)湖を通り過ぎたすぐ先に平瀬温泉がある。
ダム湖完成と共に水没する予定だった巨大な桜(樹齢450年 樹高20m 幹周6m)が移植されて助かった経緯が有名な荘川桜は、この湖の畔にある。

平瀬温泉は庄川に平行する国道156号線沿い、小さな旅館や民宿が10軒ほどある小さな温泉地で、うっかりすると通り過ぎてしまう。

ここにはもともと老朽化した共同浴場があったが取り壊された。
これに代わって、2005年5月、以前と少し離れた所に道の駅「飛騨白山」と隣接して日帰り温泉施設「大白川温泉しらみずの湯」がオープンした。

源泉は平瀬温泉と同様に、ここから15kmほど離れた白山前衛の山の山腹、地獄谷からパイプで引き湯されている。
平瀬温泉から冬季は閉鎖される隘路の山道を40分ほど上った先には、同じ源泉を使った「大白川露天風呂」がある。
白川郷には113棟の合掌造りがある。
白川村は岐阜県の西北部に位置し、霊峰・白山(2,702m)を主峰とする両白山地を境として石川県と接し、北を人形山(1726m)によって富山県の五箇山と区切られている。

村の面積の96%が急峻な山林で、その山々を縫うようにして庄川が流れ、その河川沿いにわずかな平地がある。

白川村と言えば、言うまでもなく合掌造りで知られる白川郷を町域に有する。

1995年12月、富山県側の五箇山とともに「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界(文化)遺産に登録された。

白川村は日本ばかりでなく世界的な豪雪地帯であり、この風土から合掌造りという鋭角な屋根を持つ建築様式が生まれた。

白川村荻地区には100軒を超える葺きの古い合掌家屋が建ち並び、この地域の原風景を今に伝えている。

この日、同じ白川村にある「平瀬温泉・藤助の湯ふじや」にチェックインする前に、車で20分ほどの距離にある白川郷にやって来た。

前回、宿泊する奥飛騨温泉郷新穂高温泉(水明館佳留萱山荘)に向かう途中に立ち寄ったが、今回は地元での宿泊だ。
白川郷観光にたっぷり時間を費やした。
住 所 岐阜県大野郡白川村平瀬247−7
電 話 05769−5−4126
交通機関 東海北陸自動車道荘川ICから約20km
東海北陸自動車道白川郷ICから約14km
JR高山本線高山駅から濃飛バス白川郷行きで1時間10分平瀬温泉下車徒歩10分
施 設(日帰り利用) 休憩所 駐車場(35台) 
宿 泊 不可
泉 質 含硫黄ーナトリウムー塩化物温泉 
大白川2号線 92.5℃ pH8.7
大白川3号線90.9℃ pH7.9

何れも無色澄明 微塩味 微硫化水素臭
適応症 不記載(理由は「温泉の基礎知識ー温泉の効能」参照)
入浴時間(日帰り) 冬季(12月〜3月) 午前11時〜午後8時
夏季(4月〜11月) 午前10時〜午後9時
定休日 毎週水曜日
入浴料金 大人 600円
入浴施設 内湯・露天風呂とも男女各1
浴室備品 シャンプー、ボデイソープ、ロッカー
観光スポット 白川郷・五箇山合掌造り(世界文化遺産)、和田家(重文)、御母衣湖、荘川の里、荘川桜、ひるがの高原、白山スーパー林道、高山
お土産・食事 隣接する道の駅「飛騨白山」にて特産品購入可食事処無し)
近くの温泉 平瀬温泉、大白川露天風呂、五箇山温泉、くろば温泉(日帰り)、中宮温泉、白山一里野温泉
白川村HP
観光協会HP
しらみずの湯HP
白山スーパー林道HP
http://www.shirakawa-go.org/
http://www.shirakawa-go.gr.jp/
http://shirakawa-go.org/shiramizu/
http://www.hakusan-rindo.jp/index.shtml
データ (データは変更されている可能性もあります。お出かけ前にご確認ください。)

道の駅「飛騨白山」の隣にある「しらみずの湯」
愛犬アルもいっしょに観光。
平瀬温泉から隘路を40分ほど、白山の東側直下・大白川ダム湖畔に野趣豊かな大白川露天風呂がある。
大白川温泉 しらみずの湯 (岐阜県)
   

改定版