石仏界のシャンゼリゼ通りと言われてる光蓮寺跡界隈、たぶん。
光蓮寺跡  阿弥陀石棺仏  建治二年(1276)
石工デザインの中でもっともファッショナブルなメイドイン健治型
ありゃりゃらんらん、ココには五輪塔の火輪でしょうか小さいけど、
正しく大和の神秘ですね、そのまんま〜伝承があるのでしょうか?
コレはコレはの一品でございましょう、柳本町の水路にさりげなく置かれてる?
磨崖仏が流れ着いたのか、
メイドイン善教さんの阿弥陀様
蕎麦の笠はこの先チョット〜
こちら左手の西側に巻向山
中プチ迷い中に綺麗に石仏様が
遠くのピンクは長谷寺駅の桜
ココから登ってください
龍王山南城跡からの眺め
047  2007
初瀬山から龍王山へと
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「龍王山」に。
本日は長谷寺横の初瀬山から龍王山へと登って参りました、
御苦労さんでございます。

なんでわざわざ初瀬山から
登らなくてもいいのにと思ってませんか皆々様、
そうなんです奥様、
しかしながら「わざわざ教徒」としては
初瀬山から登らなくてはダメなんであります。
戦国年金乱世の真っ直中

時は戦国年金乱世の真っ直中の平成の時代、
御同行は二上山人。

まずは取っ付きからでございます、
地図に赤線が残ってましたから、
割とスムーズにと申したいのですが、
記憶がほとんどありません、
9年前にこの道歩きました、ハイ、

あるのはアノ台風7号の後でしたから
倒木が凄いのなんのって
半端じゃありませんでしたという記憶だけ!
スーパーマリオの様にピョンピョンと跳ねて
倒木を避けて歩きました、ハイ。

それでもココでしょと登り始めるとグングンと登り道、当たりです。
長谷寺の上の墓地に到着、
が〜ここでちょっとプチ迷い〜
東側を歩いてお墓の中をゴメンナサイです、

皆様方は西側を歩いてくださいね、これですねハイ、
返事だけは快活な二人またもやもその先で、
中プチ迷い白河へと下って行ってしまいました、

ほんとに、ほんとに御苦労様な二人です。
ロクに地図見てませんでした、
9年前は図図随と龍王山へと到着できましたから
舐めてましたね、たぶん。
してその時が

やがて本日二度目の大きいな登り、
左に巻向山が右手に初瀬ダムがチョロチョロと見えてます。

そしてその時がやって参りました、ハイ。
また、やっちゃった、今度は大プチ迷いでございます。
西側の道に出たようです、
早いお話がウォームスの「021 2007 0121 登っていそうで登ってない巻向山、
いざ出雲へと」で歩いた道に下って来てしまったようです、
まったく懲りんやっちゃでございます。

幾分確信犯ポイではございますが、
迷ってナンボの世界、たぶん。

ヤレヤレまた余分な登り登り、けっこうな距離です、
迷えば迷う程旨い旨いビールかな。
蕎麦の笠

初瀬山の頂上はコレですかと言ってるうちに、
巻向から皆様方も知ってる蕎麦の笠へ通じてる道路に踊り出て参りました、

もうココまで来れば龍王山は目前でございます、
え〜え〜っとどれが龍王山でございましょうか?
私の年金はどこだ?

オイオイお前は阿部内閣か?
私は辞任はいたしませんと二上山人はおっしゃってます、ハイ。

ちょっと分かりにくい広い広い農地を過ぎて、
龍王山への辻に辿り着き、
登りというのには申し訳ございません程度で、
ヤッホーの龍王山南城跡到着でございます。

585.73mからの展望をしばし御覧アレ、
左から金剛山、葛城山、二上山、生駒山、
手前に畝傍山、耳成山、箸墓と正に大和の松竹梅セットみたいですね、たぶん。

ここでお昼御飯タイム、
けっこうココは人も来ますね、
なにしろ駐車場が完備してますから。

六甲山からの夜景なんか目じゃない、龍王山の夜景、たぶん。
PL花火大会には車で溢れかえるのではありませんか、

団塊世代の正式なラブラブカップルに
団塊世代の不倫に燃え盛るラブラブカップルにも超〜オススメ、ホンマ。

PL花火大会、見えなかったらゴメンナサイまし、未確認です。
二上山が邪魔して見えないポイですね、
マッチョなお不動様
サンダーバード2号に

ラブラブカップルとは全く無関係な
むさ苦しいおっさん二人は下山でございます。

下山途中に長岳寺奥の院不動石仏に御挨拶を、
ちょっと前に山崩れに遭い、
国際救助隊のサンダーバード2号によって助け出されたと噂される
マッチョなお不動様でございます。

日本で一番男気のあるお不動様と申しても
誰も異存はないでしょう、たぶん。

やがて下り道に飽きた頃に
メイドイン善教のおむすび型の地蔵様と阿弥陀様が道筋でお出迎え、

さらに石仏好きなるおっさん二人は
右手にあるみろく丘の弥勒石龕仏にも御挨拶をば。

傾けば尊し我が師の弥勒石龕仏、
今から数百年経てば「うつ伏せ弥勒」と呼ばれるのでありましょうか。
残り桜
来た甲斐がありました?

こうして本日のゴールでありますトレイルセンターに到着、
お疲れさんでした。

目の前にあるそうめん(冬場はにゅうめん)の長岳寺に寄るのも良し、
帰りのJR柳本駅へのついでに
ココ掘れワンワンで三角縁神獣鏡が33枚も出てきた黒塚古墳へ立ち寄るのも良し、
柳本町の石仏を訪ねるも良し、
おっさん二人は石仏コース選択いたしました。

山に蕎麦に石仏にそうめんに古墳にと、
なんとゴージャスでデラックスなコースでございました。

本日のコース 近鉄長谷寺駅−初瀬山(尾根道)−龍王山−奥の院不動石仏
                  −長岳寺−JR柳本

高低差400m 殆どの登りは初瀬山辺りにて終了。
笠の蕎麦を食べたい人は速く歩くか、朝早くから歩くこと。

前に戻ります〜   石仏の辻    次へ参ります〜