峯の薬師跡十三仏へはここからも行けます
愛のインディアン デス ロックの向こうに生駒山
新緑が目に眩しいです
信貴山朝護孫子寺
信貴山朝護孫子寺
開山堂登り口  阿弥陀坐像
信貴山朝護孫子寺
こちらは二上山  葛城  金剛山
飛鳥から大峰そして弥山まで  生駒山直前の休憩所
夫婦岩   巨石ファンは見逃せませんね   
六甲は今日も晴れだった
スグ近くに生駒山が?
生駒縦走鍵慕情
042  2006
お足の恋人「ウォーキング娘」提供
第四回 歩の辻

みなさん今晩は、お元気だったでしょうか。一週間の御無沙汰でした。
司会の石置宏です、ヒロシではなくって、宏です。

歩いて、歩いて、歩いても、
あなたへの想いは消えません。

どれだけ、どこまで歩けばいいのでしょうか。

振り向けばもう、あなたは、
微笑むことも無く、去って行った・・・

さあ書いてもらいましょう、生駒縦走鍵慕情。
ぼくらの広場から大阪を
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「生駒山」に。
標高642mの、まさに天にも届こうとするその姿は、
皆様方に愛と感動を届けるのに違いないと山と、
確信する次第でございます、たぶん。

槍ヶ岳も逃げ出したという伝説もある(未確認)生駒山に只今到着でございます。
まさしく、はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」状態です、

本日のメニュー
近鉄生駒線 信貴山下駅(50m)→信貴山朝護孫子寺(しぎさんちょうごそんしじ)
→信貴山(437m)→高安山(488m)→十三峠→鳴川峠→ぼくらの広場
→暗峠→生駒山(642m)→宝山寺→生駒駅 約18Km たぶん。
人間ケーブルカー

その昔、ケーブルカーが走っていたと言う、
真一直線の坂をエッサエッサと登って行きます、

そして後ろを振り返れば、
これは、これは耳成山に畝傍山が遠望できます。
まさに人間ケーブルカーですね。

やがてコンクリートから山道へとバトンタッチ。
坂は容赦なく私に襲いかかって参ります。
左手に二上山、葛城山の頭部分が見えてくれば、
ケーブルカーの終点だったバス停信貴山到着です。

ここから静かなる門前町を歩いて行くと、
信貴山朝護孫子寺にと。

成副院境内に石室十三仏 文明十一年(一四七九)
奈良県下最古の逆修石造遺品。
豪華絢爛なる石造り住宅仕様です。

開山堂登り口(大トラの手前)に石室仏(奥壁仏)
正面上部に阿弥陀坐像 南朝年号の正平八年(一三五三)
今は奥壁だけですが、石室造りだったそうです。

命蓮塚付近に、室町末期の十三仏関係の板碑が。
なお信貴山周辺には、この板碑形式の石造物があちこちにみられます、
などなどごゆるり御観覧アレ。

本堂横から気合いを入れて、
またひと登り(200M弱)すれば空鉢護法(信貴山)へと。
ここからは、明日香、金剛葛城から大峰弥山までの
ナイスでグッドなる眺めが目の前にワイドに、
気分は大峰奥駈け道ですね?
あっぱれあっぱっれとコーヒータイムしながら一休みしましょう。
UFOが飛び交いました

ここから、西へ西へと生駒縦走道を目指して。
ようやく山道らしくなりますが、
初めての人は道案内をよく見てください。
車の音が聞こえれば、
生駒スカイラインを渡って高安山の三差路に。

ようやく生駒縦走道へと、
後は北の遙か彼方の生駒山まで、歩くだけでございます・・・

距離の割に遠くに見えますが?大丈夫!
歩くだけなら3時間ばかしで、たぶん。
あのてっぺんに立つ事ができますから、
左に大阪、右に奈良を見ながらのんびり縦走をお楽しみください。

それではスタートです、
いきなり左手に宇宙念波研究会なる看板が。
いやが〜上にもムードが盛り上がりますね、
私の脳内には一瞬ではありますが、
UFOが飛び交いました、あくまでも一瞬ですが。
諸行無常でございます

緩やかなアップダウンの繰り返し、繰り返しをしてると。
十三峠、業平さんもここを通って、逢い引きしにかよったんですね。
羨ましいこっちゃ、まったく。

おじさんの青春を返せ〜と叫んでるうちに、鐘の鳴る丘 展望台、
当世流行の鍵が一杯あちこちに付いてます。

どれだけの方が、
相方に愛のインディアン デス ロックを掛け続けることができるのでしょうか?
諸行無常でございます。
生駒山は目の前に!

再び緩やかなアップダウンの繰り返し、
繰り返しをすると鳴川峠に到着、

右手は千光寺へと、
左手はお馴染みの瓢箪山へと。

お地蔵さんに御挨拶をして後一息でぼくらの広場へと、
この一息がけっこう辛いのでありますから、
二息と申しておきましょう。

こうして広い広い芝生のぼくらの広場で一休みしましょ。
ここからも、大阪、生駒山、奈良、葛城金剛とぐるりと展望が、
生駒山は目の前に!

暗峠には下って下って、
もったいないですよね、ほんと。
自然の摂理で下れば、
生駒山には、また上がって、上がって行かなくてはいけないからです。

ここ暗峠には
峠の地蔵 文永年間 鎌倉時代中期
道標は不動明王の種子、
北 鬼取山(元薬師)十二丁 宝山寺 廿五丁 享保十七年(一七三二)が。
むかし、むかし、この辺りから峯の薬師跡十三仏へ、
そして宝山寺への道があったそうな、
今は大部分が草木に埋もれているようです。

峠の地蔵の横の道を一直線に登っていけば、そこが生駒山。
ひたすら登りましょう、
登りはこれにて終了と心に言い聞かせて。

ヘロヘロになった頃に、
TVの電波塔乱立の生駒山、
生駒山上遊園地(スカイランドいこま)が鎮座する生駒山、
終点でございます。

帽子、携帯電話、御子様、御主人、等々のお忘れ無き様お願い申し上げます。
なお、現金のお忘れ物は歓迎いたします、たぶん。
お疲れさまでした〜

ここからは、日本最古のケーブルカーに乗って、
一気に生駒駅へ下ってもよろしいのですが。
やっぱ、歩いて下りますよね、みなさん!

ケーブルカー駅の右手からの下り道をどうぞ。
怪しげな入り口から急勾配を下れば、
右は八大龍王薬師そして峯の薬師跡十三仏へ、
左は霞ヶ丘駅への辻に出ますので。
本日は進路を左へと霞ヶ丘駅、
すぐに生駒山王道の登山道へと合流。
仕舞い支度中の宝山寺へと、
西日を浴びる矢田丘陵、奈良方面を眺めつつ。
石段の参道を下れば、もう生駒駅です。お疲れさまでした〜



バリエーションも豊富

この生駒縦走路はいろんな場所からアタックできますので、
バリエーションも豊富です。

スーパー歩け歩け会系の方なら、
北は交野市の京阪交野線私市駅からの、
ほしだ園地、むろいけ園地の超ロングコースを、

梅印歩け歩け会系の方なら、
寝屋川市のJR四条畷駅から飯盛山からのロングコース、

人畜無害なるみなさんの一番お馴染みなのが瓢箪山から高安山コースでしょうか。
まるでいつもお世話になっている介護プランの様に迷ってしまいますね?



真夏にこのコースを

誠実実直なる歩き経験者には、
私は真夏にこのコースをお奨め致します、
真夏の行でございます。

暑さのために思考能力が限りなくゼロへと、
疑似無我の境地へと進入されるでありましょう、たぶん。
中州昭一政凋会長さんにお勧めですね。

なお、日射病対策には念には念を入れてください。
私の場合、歩行中に冷水を4リッター弱戴いて、
すっかり体の中もリフレッシュされます。

そして家に帰ってお風呂に入って、
適度なる核爆弾を戴きましょう、
もとい、もといでございます、ビールを戴きましょう。
至宝なる一時があなたを包みます、
放射能ではございませんので御安心くださいまし、たぶん。



最後に

最後に以前、見るからにも80歳以上であろうおばあちゃんが、
この生駒縦走路を歩いてるのを目撃いたしました・・・


前に戻ります〜   石仏の辻    次へ参ります〜