リンク 宝箱の辻 石仏写真の辻 もくじ 石仏の辻
石仏の辻

みなさん今日は、タケチャンマンと申します。

石仏、それは人類に残された、最後の世界文化遺産、たぶん。

「石仏の辻」の歩きは続く。

未知の石仏を探索し、過去から現代へ、そして未来へと。

古い石仏、新しい石仏、

前人未踏の山村?へ、峠へ、都会へと、勇敢に進んでゆく歩く旅が・・・。



ここから、各ナンバーまでリンクしてます。
    010   020    030    040   048今のところの最新作でございます。

縁側にノートパソコンでも持ち出して、せんべいでも囓りながら、
御ゆるり御観覧くださいまし。
御代は見ての帰りです、さあ、ずずずいと御観覧アレ!
愛と、感動と、涙と、お笑いの物語を。
048 番外編  本邦初見参!  凸凹コンビ 高見山に登る!
みなさん今晩は、話題騒然、非難囂々のはく・たけ凸凹コンビが、またもやも登場でございます。
一部の方には?まったく不評であった、
hakutaroさんがお書きになった、
名所旧跡 はくちゃんが「大峰奥駆け 釈迦ヶ岳に登る!!」 から、はや五ヶ月の歳月が流れ、
hakutaroさんの涙も乾いた頃でしょう。
そんなわけで謹慎処分が解けた凸凹コンビが高見山へ行って参りました。
この記録は、その時の愛と感動とお笑いの一コマでございます。では御覧アレ。
047 初瀬山から龍王山へと
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「龍王山」に。
本日は長谷寺横の初瀬山から龍王山へと登って参りました、御苦労さんでございます。
なんでわざわざ初瀬山から登らなくてもいいのにと思ってませんか皆々様、
そうなんです奥様、しかしながら「わざわざ教徒」としては初瀬山から登らなくてはダメなんであります。
046 裏暗峠道
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「裏暗峠道」に。
ひょんな事から迷い込んだ裏暗峠道、
不思議の国のアリスならぬ不思議の道の裏暗峠道。
あなたも迷い込んで見ませんか?
045 今日も当尾の里は春だった
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「当尾の里」に。
本日は「当尾の里の石仏」こと由緒正しき文部省推薦の
コテコテコース&奈良までは魔境の山岳地帯(標高200m)を行く!でございます。
なんとメリハリのついたコースではありませんか、
044 新装開店の七曲峠
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「新装開店の七曲峠」に、
念願かなって、ついに七曲峠を下って中畑へと。
天理市福住町から奈良市中畑町への峠道、
峠には受け取り地蔵が出迎えてくれます。
043 迷えるウォームス三兄弟に幸アレ
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「巻向山」さんに。
これが巻向山ですか。
いや、いやとうとう来ました巻向山に、ウォームス三兄弟にて。
近鉄 朝倉で降りて、初瀬街道を黒崎へと。
そして登山道入り口の大日寺横から、そのまま迷えるウォームス三兄弟に〜
042 生駒縦走鍵慕情
みなさん今晩は、お元気だったでしょうか。一週間の御無沙汰でした。
司会の石置宏です、ヒロシではなくって、宏です。
歩いて、歩いて、歩いても、
あなたへの想いは消えません。
どれだけ、どこまで歩けばいいのでしょうか。
振り向けばもう、あなたは、
微笑むことも無く、去って行った・・・
さあ書いてもらいましょう、生駒縦走鍵慕情。
041 百々ヶ峰ブルース
雨の降る朝は 心も濡れる
まして一人じゃ なお淋し
憎い仕打ちと 恨んでみても
戻っちゃこない あの天気は
ああ柳ヶ瀬の 朝に泣いている
040 八丁岩の東に
生駒市 はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「八丁岩の東に」に。
25000/1地図 生駒山では、上端中央のきさいちゴルフ場の下に八丁岩と表示が、
ココの東ですね、そのまんまですが。
山が平らになってま〜す〜五年前に来た時とほとんど同じ〜
が、微妙にちがいますか、工事中が続いているようであります?ほんまか?
中断ですか。
039 水間峠から国見山そして鉢伏峠へと
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「国見山」に。
ちょっと前まで奈良市最高峰680mの「国見山」でございます。
バス停上水間から水間峠を経て、「国見山」でございます。
038 極楽街道
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「極楽街道」に。
高船の極楽寺から天王の極楽寺への道、それが極楽街道です。
皆々様今晩は。本日お送りするのは、
世界遺産にめでたくも、まったくもって登録されなかった、極楽街道(自称)でございます。
奈良から京都、そして大阪にも通じる極楽街道。
その神秘のベールに包まれた極楽街道の全貌が今明らかにされます、
皆様方お見逃しない様注意御願い申し上げます。
037 旧柳生街道・奥駈道
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、
「旧柳生街道・奥駈道」さんに。
これで「旧柳生街道」は「石仏の辻」登場三回目でになりました、
堂々たる常連さんですね。
036 宝山寺 正面参道+朝日地蔵
「宝山寺 正面参道」この甘美なる言葉の響きに魅せられて、
どれだけたったのでしょうか。
そして、はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「宝山寺 正面参道」に。
035 晩秋の正暦寺へと
秋深し、芋蒸かし、腹空かし、
そんな時には、晩秋の正暦寺へと、歩いてみませんか。
天理駅から浄土院、花園寺、弘仁寺、
柳茶屋墓地、正暦寺、円照寺(非公開)と訪れます。
034 平安時代に頬ずりしましょ!
性懲りも無しに、奈良時代の次は平安時代です。
みなさんも、羨ましがらずに、ご一緒にどうぞ!
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、
「香高山五百羅漢と高取城跡」に。
何度見ても、何度来ても、
ええであかんが〜の本日のコースでございます。
033 奈良時代に頬ずりしましょ!
みなさん今晩は、お元気だったでしょうか。一ヶ月のご無沙汰でした。
司会の石置宏です。
みなさんは、元山上口から矢田寺へ行かれた事があるでしょうか?
ほとんどの人が、わしゃあ行かんでえ〜だと思います。
何故か?そうなんです!中途半端なんですね。
関西人は中途半端が大嫌いなんです、たこ焼きは好きなんですけどね。
032 旧柳生街道ひとり旅・石仏の帰還  後編
今思えば、三部作にすれば良かったと?
ちと、ネタ不足で、前編、後編で手一杯でございます。
悪い子も、黙って待つべし!
031 旧柳生街道ひとり旅・石仏の帰還  前編
ロード オブ ザ リングさえ凌ぐ規模で展開される、旧柳生街道ひとり旅・石仏の帰還
しばし、待たれい!
近日(だいぶ先に)堂々公開予定決定!
良い子は、黙って待つべし!
030 紅葉の不動の滝から談山神社
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「バス停の不動の滝」に。
あ〜れ〜ここは、どこ。私は何処?そ〜うなんです山本さん。
「バス停の不動の滝」は今は場所がすっかり移動してしまったのです。
ほとんどバス停多武峰の近くに、
以前はバスを降りれば「破不動」がお出迎えだったんですけど。
029 柳生街道 滝坂道 芳山への道
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「芳山二尊石仏」に。
久々のご対面でございます。お元気だったでしょうか。
私もそれなり元気でしたけど、などとご挨拶を交わしながら、
再会を喜んだのでございます。
028 けっこう 毛だらけ 布目湖は磨崖仏だらけ
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「大橋阿弥陀磨崖仏」に。
奈良からバスを乗り継いでてやってまいりましたが。
ありまへんな、何処へ?
そこへ、むかし綺麗であったであろう「おばちゃん」が通りかかりました。
027 笠間街道ひとり旅   咲くのは花か石仏か
あ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「笠間街道」に。
名張からバスにてやって来ました毛原神社前に、目一杯私ひとりっきりです。
026 暗越え奈良(大坂)街道は 歩けば 石仏だらけ 棚田だら
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「石仏寺」に。
ついにやって来ました、
伊派の石工、伊行氏(いのゆきうじ)作の阿弥陀三尊像石仏 永仁二年(一二九四)に。
025 磐船街道から「大角墓地」へ   生駒谷街道シリーズ その一
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「大角墓地」に。
ここは奈良県の端っこ、そして生駒市の端っこ。北田原の端っこ、
磐船街道に接する「大角墓地」に。
024 かいがけ道(傍示)から星田の薬師寺へ
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「薬師寺」に。
ここは交野市星田の地にて、はるばる大和の傍示から河内の傍示をへてやって参りました。
そうです、かいがけ道を歩いてそして星田へ。
023 十三仏街道
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、
「十三仏街道」に。
誰が名付けたのか「十三仏街道」(わたしでっけど)
今日は伝説に埋もれた
「十三仏街道」を訪ねてみます。
022 続 魔境の生駒山系に「庄兵ヱ道」を見た!
「一ヶ月のごぶさたでした。司会の石置宏です」
さあ今日の一枚目は、
逢おうと想っても、逢えない。
歩きたくとも、歩けない。
あの道は、何処に。
さあ書いてもらいましょう。
続 魔境の生駒山系に
「庄兵ヱ道」を見た!
021 河内越流涙慕情
「一ヶ月のごぶさたでした。司会の石置宏です」
さあ今日の一枚目は、
越すも涙
越さぬも涙
同じ涙なら
ここ河内越えで、流しましょう。
さあ書いてもらいましょう。
「河内越流涙慕情」
020 高野三山女人道
「一ヶ月のごぶさたでした。司会の石置宏です」
さあ今日の一枚目は、
逢いたくても、逢えない。
触れたくても、触れられない。
想うだけなら、想うことができる。
ここ高野三山女人道から。
さあ書いてもらいましょう。
「高野三山女人道」
019 高野山 町石道
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「高野山への町石道」に。
慈尊院から大門までの百八十基の町石卒塔婆を訪ねて。
最初に一言「長いです」。
山道の二十`ばかしではありますが、
道草(雨引山、 丹生都比売神社)を入れるとそれなりそれなりと。
そして、大門への最後の登りがファンタスティックでございます。
登りきって目の前には黄金に輝く大門が、ドーンとそびえ立って迎えてくれました。
ライトアップされ、降り注ぐ雨が輝いていました。
いつのまにかに雨が降り始めていたようです。
018 紅葉中の米谷町に「米谷庵山の双仏石」を見た!
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「米谷庵山の双仏石」に。
二年ぶりのご無沙汰でございます。
前回は華々しくデジカメのデータが綺麗サッパリぶっ飛んだという、
あの日と同じく紅葉が綺麗な今日にて。
カムバック アゲイン米谷町と中畑町。
017 わたしを「竜王山の不動石仏」に連れてって
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「奥の院不動石仏」に。
ではなっくって「竜王山の不動石仏」に。
ちとややこやしのですが、奈良県史によりますと、
天理市田町不動ノ背 高さ百三十a 南北朝末期と考えられる。こちらの不動さんです。
016 長岳寺あたりは けっこう毛だらけ善教作だらけ
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「奥の院不動石仏」に。
天理ダムから歩いて竜王山経由でやってきました。
タマヤ〜と声を掛けたくなるほどのいい男ですね、
不動明王にしてくのも、もったいないくらいですね。
大きなお世話ですけど。ハイ、
015 見参 柳本町 夕刻の光蓮寺跡に黄菊を見た
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「光蓮寺跡」に、
ついに石仏の辻に登場です。
なぜに、ついになのか?
それはわたしにとっての、初恋の石仏でもあるからなのです。
この日のコースは天理ダムでバスを降りて、竜王山そして下って長岳寺へ。
夕刻迫る中にて柳本へやって来て、
最後に訪ねたのが、ここ光蓮寺跡。
ハッキリ言ってもう真っ黒けのけ状態でしたが、
暗闇の中で、黄菊灯りに照らされた石仏に、
わたくしめは完全にノックアウトに陥ったのでございます。TKO負けと言う奴ですね。
014 十三峠への道 後編 恐怖の世界を味わうことになるのです
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「十一面観音 六地蔵碑」に、永禄十一年(一五六八)
杵築神社参道登り口横にて、
オムスビ形の6+αという珍しいお姿が目に焼き付いてしまいました。
これを見ずして十三峠には向かうなかれでございます。
013 十三峠への道 前編 ミヤマグチの地蔵は何処に
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「ミヤマグチの地蔵」に、
磨崖舟型地蔵立像 天文十二年(一五四三)これまた探しました。
アタックは三回目にてです。
今はこれは、これは地元の人しか通らない畑道または山道の脇に静に佇んでおられます、
灰田川の近く、福貴から福貴畑への旧道のようです。
012 久安寺へ立石越えの道
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、久安寺の「滝ノ上の薬師さん」に、
してその正体は自然石薬師座像 紀年なし 室町期のものと思われるとか。
仏身百二十a 石高百七十a 見てのとうりの癒し系でしょうか、
が〜実物はけっこう迫力があります。
これを見ずしてワールドカップを語るな!(2002 06 21記)ほんまやね。
011 旧柳生街道ひとり旅
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、上出の「阿弥陀磨崖仏」鎌倉後期に。
今日の目玉はこの石仏さんでございます。
このリアルなお姿を一度見たら二度と忘れません、どこまでもいつまでも、
そうなんです漫画「がきデカ」の主人公のこまわり君に、うり二つなんです。
こまわり君が阿弥陀さんに化けるなんて想像も出来ませんでした。
010 歩けども歩けども 山ばかり 弥山から前鬼へ 大峰奥駈け
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「大峰奧駈け」に、
そしてここは「釈迦ヶ岳」わたし一人っきりでございます。
もう午後六時ですからね誰もいるわけありませんか、
リーダーが遅れておりますから。
つかのまの一人見物を360度全快を満喫でございます。
北の方には朝から歩いてきた「弥山や八経ヶ岳」が見えてるはずです!
山登り素人さんのわたしには断定は無理でございますが、
たぶん、あれでしょう。生駒山しか登った事のない男ですからね。
009 「奈良 京都 大阪の三都石仏物語」高船峠に桜を見た!
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「高船峠(自称)」に。
ここは京都の京田辺市の高船でございます。
今日は「天王 高船街道(自称)の石仏を訪ねて&桜見物」と言う、
なんとデラックスでゴージャスな(そう言う叶姉妹はどうしたんでしょうかね?
今はもうタイガーズ一色ですが)旅です。
富雄から傍示行きのバスに乗って、
もう満開なんですね桜さんたちは早過ぎやしませんかとか想いつつ、
バスから桜見物三昧を!アッという間にたんだ橋到着です。
008 裏当尾の旅 その三
たしかに裏当尾の旅に入れるのには、
ちとメジャーやないのと突っ込まれてもいたしかたがないかもしれませんが。
当尾の観光コースにはあまり?入ってないようですから紹介を 、
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「岩船寺墓地六地蔵石龕仏」に。
007 今も生駒山中に眠る 北嶺の三地蔵
三地蔵とも、今はみんなしずかに余生を送るがごとく佇んでおられます。
石仏に余生があっていいんかいという疑問が湧くんですが。
みんなに見てもらってなんぼのもんなのに、きっぱりもったいないです。
006 裏当尾の旅 その二
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「辻千日墓地」に。
わたしはこの「辻千日墓地」に足を踏み入れた瞬間に、
雷に撃たれたような衝撃を感じたのであります。
そんなオーバーなと思われる方がいれば、
この地に一歩足を踏み入れた瞬間にあなたは、
もう石造遺物(石仏)の桃源郷のまっただ中というわけでございます。
005 裏当尾の旅 その一
当尾の里は 泣く子も笑い仏
しかし今回は
泣く子もずんど坊笠塔婆
みなさんは当尾の里といえば「わらい仏」に「大門阿弥陀?磨崖仏」を頭の中に思い浮かべますね、
わたしもそうなんですが、
でもそれはほんの一部なんですね、当尾の石仏さんの。こりゃあまたと!
004 涙に暮れる大和高原に 「受け取り地蔵」を見た!
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「受け取り地蔵」に。
福住町 国道福住バス停からやって参りました。
噂には聞いてはいたものの、これはこれは、この存在感たるものは、
また言っちゃいますけど「感動した〜」これしかないでしょう。
003 魔境の生駒山系に「庄兵ヱ道」を見た!
「庄兵ヱ道」この甘美なる言葉の響きに魅せられて、どれだけたったのでしょうか。
そして、はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「庄兵ヱ道」に。
お約束どうり探しました、ほんまに。鳴川千光寺からの入り口が見つからず、
どこやの〜と探すことまたの名を「アタック三回目にて!」
002 魔境の生駒山系 「峰の薬師跡十三仏」を見た!
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「うつぶせ地蔵」に。
ようやく ほんとのようやく「うつぶせ地蔵」さんに到着いたしました。
アタック三回目にて!
たぶん「チョモランマ」初めて登頂を果たした人も同じ気持ちだったんでしょうね〜?
あくまでもたぶんですけど。
001 哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「寝地蔵」さんに。
これが寝地蔵さんですか。いや、いやとうとう来ました寝地蔵さんに。
榛原からバスに乗って並松で降りて、青龍寺前の旧道をと思い農作業のおじさんに聞いたら、
手入れがあんまししてないから行けるかな〜と。
ひぇ〜本日道中長いから、旧道あきらめコンクリート道を、
テクテクと産業廃棄物置き場なんぞを見つつようやく着いたのであります。見事に転けてます。ほんま!