歩く・石仏の辻 


はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、
歩く・石仏の辻」でございます。

道を歩き、石仏を訪ね、
この世を歩き、あの世を訪ねます。

何を感じるのかは、あなた次第でございます、たぶん。

なお、お弁当に飲料水、傘をお忘れなく御願い申し上げます。
お代はニコニコ現金払いの、ぼったくり無しの、
明瞭会計のお一人様五百円でございます。御夫婦も五百円ポッキリにて。
予約不要、気軽にお越し下さい。


歩く・石仏の辻のスケジュールは、ココから御覧ください!
石仏のホームページにおこしやす。
石仏+道=「石仏の辻」でございます。

お時間がありましたら、
道を歩き石仏も訪ねてやってください。
当時の名も無き人たちの心に触れてやってください、
ほんのちょっぴりでいいですから。

お時間の許す限り、
ごゆるり観閲の程をお願い申し上げます。
そして、またの御訪問を
制作者一同(ひとりでっけど)お待ちしております。
では、愛と感動とお笑いの世界へと。

光蓮寺跡 貞治三年(1364) 天理市 柳本町
石仏の辻」って何?とおっしゃる方、ココをクリックして。
とりあえず「石仏の辻」を味わってくださいませ。

「次へ参ります〜」を押したなら、
もう、あなたは「かっぱえびせん状態〜」たぶん。


石仏の辻は、2009年07月から二階を増築して新しくブログを開店しました。
このホームページは、
本家・一階の石仏の辻歩く・石仏の辻でございます、
末永くよろしく御願いします。
渡る世間に笑いあり、終了する時の流れに・・・
いつしか見た、あなたと・・・
ネコちゃんから宇宙人まで大歓迎の歩く会
御用とお急ぎの無い方は、御参加ください

待ってます・・・
今までの
本日のネタ
とお知らせ


2009 7
2009 6
2009 5
2009 4
2009 2と3
2009 1

2008 12
2008 11
2008 10
2008 8と9

2008 07
2008 06 
2008 05
2008 04
2008_03
2008 02
2008_01

2007_12
2007 9_11
2007 5_8
2007 1_4


2006

2005
2004
2003
石仏と道を訪ねて歩いて、三千里いつ果てる事無く・・・
前口上を読みたいたい人は、左の石仏の辻をクリック!
その他
041 百々ヶ峰ブルース 雨の降る朝は 心も濡れるまして一人じゃ なお淋し
高野山
019 高野山 町石道    慈尊院から大門までの百八十基の町石卒塔婆を訪ねて
020 高野三山女人道    1ヶ月のごぶさたでした。司会の石置宏です
大阪
023 誰が名付けたのか 十三仏街道
024 かいがけ道(傍示)から星田の薬師寺へ
当尾 笠置
005 裏当尾の旅 その1 当尾の里は 泣く子も笑い仏
006 裏当尾の旅 その2 辻千日墓地に足を踏み入れた瞬間に
008 裏当尾の旅 その3    岩船寺墓地六地蔵石龕仏に
045 今日も当尾の里は春だった


京都
009「奈良 京都 大阪の三都石仏物語」高船峠に桜を見た!
038 極楽街道 高船の極楽寺から天王の極楽寺への道
山辺の道
015 見参 柳本町 夕刻の光蓮寺跡に黄菊を見た
016 長岳寺あたりは けっこう毛だらけ善教作だらけ
017 わたしを「竜王山の不動石仏」に連れてって
018 紅葉中の米谷町に「米谷庵山の双仏石」を見た!
035 晩秋の正暦寺へと 秋深し、芋蒸かし、腹空かし
生駒 矢田丘陵
002 魔境の生駒山系 「峰の薬師跡十三仏」を見た!
003 魔境の生駒山系に「庄兵ヱ道」を見た!
007 今も生駒山中に眠る 北嶺の三地蔵
012 久安寺へ立石越えの道   インカ帝国の空中都市マチュピチュを彷彿とさせられる空間でございます
013 十三峠への道 前編 ミヤマグチの地蔵は何処に
014 十三峠への道 後編 恐怖の世界を味わうことになるのです
021 さあ書いてもらいましょう 河内越流涙慕情
022 続 魔境の生駒山系に「庄兵ヱ道」を見た!
025 磐船街道から「大角墓地」へ 生駒谷街道シリーズ その1
026 暗越え奈良(大坂)街道は 歩けば 石仏だらけ 棚田だら
033 奈良時代に頬ずりしましょ!元山上口から矢田寺へ
036 宝山寺 正面参道+朝日地蔵 この甘美なる言葉の響きに魅せられて
040 はあ〜るば〜る来たぜ〜「函館」ではなっくって、「八丁岩の東に」に
042 生駒縦走鍵慕情 歩いて、歩いて、歩いても、あなたへの想いは消えません
046 裏暗峠道 不思議の国のアリスならぬ不思議の道の裏暗峠道
大和高原  
001 哀愁の「ネゾン」に 初瀬ダムは見えただろうか
004 涙に暮れる大和高原に 「受け取り地蔵」を見た!
027 笠間街道ひとり旅 咲くのは花か石仏か
028 けっこう 毛だらけ 布目湖は磨崖仏だらけ
039 水間峠から国見山そして鉢伏峠へと    ちょっと前まで奈良市最高峰680mの国見山
043 迷えるウォームス三兄弟に幸アレ   いや、いやとうとう来ました巻向山に
044 新装開店の七曲峠    念願かなって、ついに七曲峠を下って中畑へと
047 初瀬山から龍王山へと    初瀬山から登らなくてはダメなんであります
柳生
011 旧柳生街道ひとり旅    漫画「がきデカ」の主人公のこまわり君に、うり二つなんです
031 ロード オブ ザ リングさえ凌ぐ規模で展開される 旧柳生街道ひとり旅・石仏の帰還 前編
032 旧柳生街道ひとり旅・石仏の帰還 後編
037 旧柳生街道・奥駈道   堂々たる常連さんですね

奈良
029 柳生街道 滝坂道 芳山への道 芳山二尊石仏へ

飛鳥
030 紅葉の不動の滝から談山神社
034 平安時代に頬ずりしましょ!  香高山五百羅漢と高取城跡へ
大峰 吉野 宇陀
010 歩けども歩けども 山ばかり 弥山から前鬼へ 大峰奥駈け
048 本邦初見参! 凸凹コンビ 高見山に登る! 謹慎処分が解けた凸凹コンビが高見山へ行って参りました

大阪市 生野区 舎利寺町 舎利尊勝寺 役行者(丹波佐吉)