今月の一枚     大阪・舞洲ゴミ処理場 2018/9/15

 今月のスケッチ教室は大阪・舞洲にあるゴミ処理場。アバンギャルドな処理場があるのは知っていたが実際に見るのは初めて。ウィーンの芸術家、フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーのデザインで建物が地域に根ざして、技術・エコロジー・芸術の融和のシンボルとなるように意図されているそうだ。途中で雨に降られたが、複雑な建物をなんとか描きあげる。家から行くには電車とバスを乗り継ぐ必要があるので工場に頼むと駐車させてもらえて、とても助かった。

 

  トップページにもどる