ネットワーク・交流  [ NMC Home Page ]

新物語館サロン・見学会・全国町並みゼミ・大和まちづくりネットワーク・AWPNUC


タイ王国特定指定地域観光局DASTAとナーン歴史都市保全基金の訪問
奈良・モンゴル国際交流フォーラム 2018年1月13日
20170908-11 モンゴル建築家協会との交流
20170115 アジア・ヘリティジ・ネットワーク国際シンポジウム
20160108-11 AHN2016 バリ会議


タイ王国特定指定地域観光局DASTAとナーン歴史都市保全基金の訪問
2018/7/18 タイ王国特定指定地域観光局DASTAとナーン歴史都市保全基金の一行が奈良町と今井町を訪問され、NMCがコーディネート、上嶋、待野、阪本が対応しました。

チェンマイ大学建築学部助教授のナウィット・オンサワイチャイ氏よりNMCに奈良町と今井町の見学についての相談があり、タイ政府から正式な依頼が奈良市長、橿原市長にされ、
奈良市は奈良町にぎわい課の徳岡氏が対応、橿原市は今井町並み保存整備事務所の中川氏、山崎氏が対応いただきました。

2019年2月2日には、アジア文化遺産講演会&奈良・タイ国際交流フォーラムの開催を奈良町物語館で予定しています。
事業計画 ●PDF OPEN●


奈良・モンゴル国際交流フォーラム 2018年1月13日
モンゴル国の建築文化遺産の保存・再生にむけて

1.趣旨 モンゴル国では、失われた文化遺産を再興し民族の誇りを取り戻す試みが始まっています。
奈良と文化的な共通点を持つモンゴルの建築遺産の保存・再生にむけた方策などを話し合います。
2.主催 公益社団法人 奈良まちづくりセンター
3.協力 (公社)日本建築家協会近畿支部奈良地域会
4.後援 奈良市、在大阪モンゴル国領事館
5.開催日時 2018年1月13日(土)14:40〜16:50
6.開催場所 奈良県奈良市登大路町6−2 奈良県文化会館小ホール
7.フォーラム内容 モンゴル国の建築文化遺産の保存・再生に向けて
  コーディネーター:奈良女子大学名誉教授 上野邦一

  パネリスト:モンゴル建築家協会 会長 E.フレルバートル
        蠡軅郢社建築 副社長 國樹彰
        (公社)奈良まちづくりセンター理事 岩井一郎
        ほか
(モンゴル語と日本語の逐次通訳を行います。)
8.定員 200名 (参加費 無料)
9.懇親会 LAILAICAFE(奈良市なら100年会館1階)18:00〜20:00 会費:5,000円
10.参加申し込み 氏名、団体名、電話番号、フォーラム・懇親会の別を事務局まで電話またはメールで連絡
11.問い合わせ  公益社団法人 奈良まちづくりセンター 事務局 電話番号:0742-26-3476 メール:nmc@m4.kcn.ne

(当事業は、宝くじの助成金で実施します。)

*13時20分より同会場で(公社)日本建築家協会近畿支部奈良地域会主催の国広ジョージ(国士館大学建築学科教授)の講演会「アジアの建築文化遺産の継承」が開催されます。 あわせてご参加ください。

新聞報道 ●PDF OPEN●



20170908-11 モンゴル建築家協会との交流
(公社)奈良まちづくりセンターは、(公社)日本建築家協会や(一社)奈良県建築士会のメンバーと共に、今年9月8日から11日にかけて、
モンゴル建築家協会の案内により、ウランバートル市及び周辺の仏教寺院等の文化遺産の視察と交流を図って来ました。


20170115 アジア・ヘリティジ・ネットワーク国際シンポジウム
−アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて−

案 内 ●PDF OPEN●

報告書 ●PDF OPEN●


20160108-11 AHN2016 バリ会議
カランガスム宣言 ●PDF OPEN●

Karangasem Declaration ●PDF OPEN●


現行ログ/ [1]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(pl)DIARY version 2.02