NMC ニュース  [ NMC Home Page ]

(公社)奈良まちづくりセンターに関係する最新の話題です。

新奈良町にぎわい構想(案)についての意見書(パブリックコメント)を提出
アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウム(バリ)開催
「子ども町家探検」に参加しませんか?
まちづくりと地域資産の活かし方
夏期休館日のお知らせ
奈良町サマーセミナー開催
NHKの『ブラタモリ』で礎石が紹介されました。
近鉄のHP『あべのべあの気まま旅』に紹介されました。
カンボジア・ミャンマーのまちづくりの視察報告会(4月26日)
「奈良町にぎわいの家」スタッフ(受付・案内・管理)募集(締め切りました)
奈良新聞(2015/2/2)に掲載されました。
毎日新聞(2015/2/3)に掲載されました。
「奈良町にぎわいの家」事務局職員募集(締め切りました)
プライベート美術館開催のお知らせ
「奈良町にぎわいの家」指定管理者の指定を受けました。(2015年1月5日)


新奈良町にぎわい構想(案)についての意見書(パブリックコメント)を提出
新奈良町にぎわい構想(案)についての意見書を理事長名で提出しました。
●PDF OPEN●




アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウム(バリ)開催
奈良まちづくりセンターでは、来年1月にインドネシアのバリ島で、「アジア・ヘリティジ・ネットワーク国際シンポジウム−アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて−」を開催します。

シンポジウムでは、昨年度NMCが実施したインドネシア、ミャンマー、カンボジアの調査報告を踏まえ、これら3国をはじめとしてひろくアジアの町並み保存について、また、アジア・ヘリティジ・ネットワークの未来について、ディスカッションする予定です。とりわけハード面の保存を支える持続可能な社会システムをベースとして、アジアにふさわしい保存策を打ち出したいと思っています。

皆さん、バリのエキゾチックなムードのもと、フレンドリーなアジアの友人たちとともに、アジアの町並み保存について考えてみませんか?みなさんの参加をお待ちしています。

参加希望される方は、「バリ島シンポ参加希望」の旨と氏名・電話番号をEメールまたはTELにてお問い合わせ、お知らせ下さい。締め切りは9月20日(日)です。
Eメール nmc@m4.kcn.ne.jp   TEL 0742-26-3476
<事務局でフライトとホテルを案内しますが、費用は自己負担となります。ご了承ください。>

ツアー計画日程
2016年1月8日  出国(大阪〜デンバサール)
     1月9日  歴史都市・農村都市ツアー
     1月10日 基調講演・アジア各地からの報告
     1月11日 ワークショップ「新興国の町並み保存」
           アジアネットワークの未来
     1月12日 帰国(デンバサール〜大阪)


「子ども町家探検」に参加しませんか?
奈良市「奈良町にぎわいの家」夏休み子ども企画

第4回町家講座「子ども町家探検」開催します!ご参加をお待ちします。


 ■日 時  8月22日(土)午前10時〜12時

 ■会 場  「奈良町にぎわいの家」奈良市中新屋町(奈良町物語館斜め向かい)

 ■講 師   吉田、何佐、渡邊(奈良まちづくりセンター/なら・町家研究会)

 ■問い合わせ・申し込み先 「奈良町にぎわいの家」事務局
               TEL 0742-20-1917 E-mail nigiwainoie@gmail.com


  
おかげさまで終了いたしました。町家の楽しさを身体一杯に感じ取っていただきました。ご参加ありがとうございました。



まちづくりと地域資産の活かし方
JIA奈良地域会と奈良町にぎわいの家、奈良まちづくりセンター、奈良県教育委員会、なら・町家研究会が主催・共催で下記にて開催いたします。

◆平成27年度 活用パネル展&第1回市民セミナー

◯活用パネル展 8/19〜8/31 奈良町にぎわいの家
           8/19〜8/23 奈良町物語館

◯市民セミナー 8/23(日曜)奈良町にぎわいの家 16:00〜
        講師:佐藤 滋氏(早稲田大学理工学術院教授)

詳細は、下記のチラシを参照ください。
●PDF OPEN●

8/23に開催いたしますので、ご参加お願いいたします。


夏期休館日のお知らせ
皆様へ

 猛暑お見舞い申し上げます。
奈良町物語館および奈良まちづくりセンター事務局は、8月10日(月)から16日(日)まで
夏休みを取らせていただきます。ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

奈良まちづくりセンター  


奈良町サマーセミナー開催
暑かったですが、楽しく学んでいただきました。
ご参加、ありがとうございました。



小学生を対象に、奈良町の町家の面白さを体験してもらう学習イベント「奈良町サマーセミナー」を開催します。

日時:8月1日(土)
会場:奈良町物語館(奈良市中新屋町2−1)

時間:午前の部「奈良町井戸探検」 10:00〜12:00
   午後の部「物語館で迷路を作ろう」13:30〜15:30

参加申し込み:奈良まちづくりセンター事務局
       0742−26−3476
       nmc@m4.kcn.ne.jp
締切:7月28日
定員:午前:25名 午後:20名 (先着順)
後援:奈良市教育委員会








NHKの『ブラタモリ』で礎石が紹介されました。
奈良町物語館の礎石がNHKの高視聴率番組『ブラタモリ』で紹介されました。
http://www.nhk.or.jp/buratamori/


近鉄のHP『あべのべあの気まま旅』に紹介されました。
ハスカス300(展望台)キャラクター あべのべあが奈良町にやってきました。
こちらのHPにて紹介されています。
http://www.kintetsu.co.jp/abenobea_kimamatabi/


カンボジア・ミャンマーのまちづくりの視察報告会(4月26日)
奈良まちづくりセンターの会員二人が、2015年2月10日から17日の間、近年最も急速な都市開発が進む、カンボジアの首都プノンペンとミャンマーの首都ヤンゴンを訪問し、現地のまちづくり活動団体や行政と意見交換を行ってまいりました。二つの街には歴史的・文化的に価値のある建造物が多く残っており、それを保存活用しようとする現地グループが熱い活動を展開していました。私たちにも学ぶべきところが多くあることに気が付きました。
つきましては、下記のとおり、中間報告会を開催し、関心のある方々とアジアの町並み・まちづくり運動について議論をしたいと思います。ご参加頂ければ幸いです。

     記
 
日  時:2015年4月26日(日)午前10:00〜午前12:00
場  所:奈良市中新屋町2−1 奈良町物語館
      近鉄奈良駅 徒歩10分
参加費:資料代500円
主  催:(公社)奈良まちづくりセンター
定  員:20名(先着順:定員になり次第締切)
申込締切:定員になり次第
参加申込:「4月26日報告会参加希望」と記して、氏名・電話番号をEメールでお送り下さい。宛先nmc@m4.kcn.ne.jp

【問い合わせ先】
(公社)奈良まちづくりセンター 
630-8333奈良市中新屋町2−1
担当者:岩井 携帯は090-3928-6882(岩井)
電子メールはosakaiwai@gmail.com


「奈良町にぎわいの家」スタッフ(受付・案内・管理)募集(締め切りました)
奈良町の歴史的町家で働いてみませんか?

「奈良町にぎわいの家」スタッフ募集!(受付・案内・施設管理など。大学生・留学生の方も歓迎)

        奈良町にぎわいの家管理共同体(奈良市指定管理者)
        (開館準備事務局:奈良町物語館内)

※定員に達したため募集を締め切りました。ご応募ありがとうございました。


   ■募集要項■

業務内容 :受付・案内・施設管理スタッフ(若干名)
雇用開始 :平成27年4月(雇用日以前に研修があります)
給与   :時給 730円
勤務地  :奈良市中新屋町5番地「奈良町にぎわいの家」
就業時間 :9時〜17時(水曜定休)
勤務日  :週2回程度、土日祝勤務可能な方歓迎 
応募方法 :履歴書を提出してください。(郵送、メール添付など)メールで応募される場合は、タイトルに「にぎわいの家スタッフ応募」として、氏名、住所、連絡先を明記してお送り下さい。

○問い合わせ・送り先
      (公社)奈良まちづくりセンター 募集係
       奈良市中新屋町2−1 奈良町物語館内
       メール: nmc@m4.kcn.ne.jp
TEL : 0742-26-3476

応募締切 :2月28日(土)
選考方法 :書類選考の上、面接

この4月、奈良町の中心に奈良市が取得し改修した町家「奈良町にぎわいの家」がオープンします。
国内外の観光客と地域の方々が、奈良町の歴史や文化にふれあう観光・交流拠点として活用します。開館にあたり、奈良町の文化と振興に関心があり、もてなしの心で来館者に接して頂ける方を募集します。奈良町をキャンパスとして学びたい大学生・留学生の皆さんも大歓迎しますので、ふるってご応募下さい。






奈良新聞(2015/2/2)に掲載されました。
奈良新聞に景観シンポジウムの記事が掲載されました。

●PDF OPEN●


毎日新聞(2015/2/3)に掲載されました。
本日付けの毎日新聞にNMC理事長の二十軒起夫が掲載されました。

●PDF OPEN●


「奈良町にぎわいの家」事務局職員募集(締め切りました)
「奈良町にぎわいの家」を4月より開館します。企画・管理・運営にあたる事務局職員を下記の通り募集しましたが、定員に達したため募集を締め切りました。ご応募ありがとうございました。

■指定管理者 奈良町にぎわいの家管理共同体(奈良まちづくりセンター、さんが俥座、なら・町家研究会の3団体で構成)

■募集要領

募集職種 事務局職員(事業企画運営経験者)
募集人員 若干名
雇用期間 平成27年4月1日より最長5年間
給与   経験・業績・スキル・貢献度により決定
諸手当  交通費実費支給
賞与   なし
勤務地  奈良市にぎわいの家(奈良市中新屋町5)
就業時間 9時〜17時(休憩1時間)
休日・休暇 週休2日(水曜と他の1日)、年末年始、有給休暇
福利厚生 社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
応募方法 履歴書をご提出ください。(メール添付でも可)
     メールの場合は、タイトルを「にぎわいの家職員応募」     として、住所、氏名、連絡先、業務経験内容を明記して送って下さい。追って連絡します。
応募締切 平成27年2月3日
選考方法 書類選考の上、面接による。
応募要件 下記の資質を有し、日本文化の振興に関心があり、運営全般に携われる意欲のある方をお待ちしています。
 ・イベントや企画展などの企画・コーディネイトでディレクター経験を有する。
・茶道や華道などの免許を取得し、日常的な英会話が可能。
・パソコン操作(ワード、エクセル、パワーポイント、できればイラストレーター等)が可能。
・経理事務の経験を有する。

■応募書類の送付・問い合わせ先
  奈良まちづくりセンター事務局 二十軒起夫(にじゅっけん たちお) 午前10時から午後4時まで受け付け
  メールアドレス  nmc@m4.kcn.ne.jp
電 話      0742-26-3476
FAX 0742-27-0969




プライベート美術館開催のお知らせ
公募により集まった奈良県内の生涯のある人の作品約140点を、まちのなかで楽しむプロジェクト。奈良町物語館では、3作品を展示します。1/29(月)〜2/8(日)
http://tanpoponoye.org/news/general/2014/12/07481965/



「奈良町にぎわいの家」指定管理者の指定を受けました。(2015年1月5日)
奈良市が改修・整備されています「奈良町にぎわいの家」の指定管理者に奈良町にぎわいの家管理共同体*が指定されました。(平成26年1月5日)

所在地:奈良市中新屋町5番地
名 称:奈良町にぎわいの家
指定の期間:開館の日から平成32年3月31日
担当課:奈良市奈良町にぎわい課
*奈良町にぎわいの家管理共同体構成団体:公益社団法人奈良まちづくりセンター、NPO法人さんが俥座、なら・町家研究会


「奈良町にぎわいの家」は、地元自治会や地元まちづくり団体からの要望を受け、民家を市が買い上げ、奈良町の観光・交流拠点とするものです。
当館では、奈良町(日本)の四季折々のくらし(行事やしきたり、作法など)を二十四節気七十二候をテーマに再現し、日本のくらしの文化の継承と新たな文化の創造を目指します。

<奈良のライフスタイルを提案・100年後の奈良びとを育てる・世界中に奈良町ファンを>
平成27年4月 開館をお楽しみに!



現行ログ/ [1] [2] [3] [4]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.08