現在、生活習慣病を防ぎ健康を維持するための塩分摂取量は
   男性9.0g未満、女性7.5g未満とされています。減塩にこだわり
   すぎて栄養バランスをくざさないよう注意しましょう。出しをきかせ
   たり柑橘類を上手に使うことが減塩の一つのポイントです。(季節の
   食材など使用、その食材の味を生かしてみてください)
 
   食塩の摂取が1日6gで、減塩食ではなく一般的な国もあり興味深いことです。
  少塩多酢という健康十訓の中に謳われています酢の効果を利用し塩分をひかえた
  メニューにしてみました。酢の効果には、食欲増進・消化促進・抗菌作用・疲労回復
  また血圧を下げる効果もあるといわれています。
   高血圧を一症状に持つ心臓病、腎臓病、また塩分の取りすぎによって症状が悪化
  する骨粗鬆症、がんの予防などに減塩が有効であるといわれています。薄味調理
  では素材の味がおいしさを左右します。食材そのものの味を生かし季節の食材を
  プラスすることで栄養価も高く、十分おいしくいただけます。
  私たち日本人は世界的にみても多くの食塩をとっている国民です。季節の野菜を
  使い香味野菜などを利用することで揚げたてのてんぷらやフライは塩分がなくても
  おいしく食べられます。私たちの舌は表面についた味に敏感に反応し、内部の味は
  薄くてもおいしく食べられます。

他のレシピへ
栄養士会TOPへ 医療職域TOPへ