「減塩」といってもどこまで減らせばよいのでしょう。現在、生活習慣病を防ぎ健康を維持するための塩分摂取量は男性9.0g未満、女性7.5g未満とされています。減塩にこだわりすぎて栄養バランスをくざさないよう注意しましょう。減塩でもおいしい食事を。(季節の食材など使用、その食材の味を生かしてみてください)


「減塩」は腎臓病・心臓病・高血圧及び糖尿病などの予防、又それを改善する為に適した食事ともいえます。味が薄く、おいしくないと思いがちですが、食材そのものの味を生かし、季節の食材をプラスすることで栄養価も高く、十分おいしくいただけます。(今回はお正月料理にしてみました。)


     日本人は世界的にみて塩分摂取が多いといわれています。季節の野菜や果物
     素材そのものや、酢や柑橘の絞り汁などでほど良い酸味をきかせることで薄味でも
     おいしくいただけます。塩分の取りすぎによって症状が悪化する骨粗鬆症、がんの
     予防などにも減塩が有効であるといわれています。薄味調理で素材の味を生かし
     おいしさをアップさせましょう。

     
    出しを上手に使うことが減塩の一つのポイント。新鮮で良質な材料を選び 濃い
    出しの旨みで薄味でもおいしくいただける工夫(出来立てや食べごろのタイミング
    をうまく考えて、焼き目をつける、揚げる、炒めるなど味がつきやすいようにするなど)
    をすることで少しでもおいしくいただけると思います。

他のレシピへ
栄養士会TOPへ 医療職域TOPへ