糖尿病治療の根本となるものは食事療法です。

           @簡単で使いやすい
           Aいろいろな食習慣、環境の人が使える
           B外食する時にも役立つ
           C正しい食事の原則を理解するのに役立つ

   を方針に、毎日好みに応じて自由に献立ができる糖尿病食品交換表
   使って作成しています。(食品成分表とは少し成分値がことなります。)




秋レシピへ

 糖尿病の治療の三本柱は<食事療法><運動療法><薬物療法>です。この中ですべての糖尿病治療で必須なのは食事療法です。季節感あるバランスの取れた食事をとり、健康な人と同じ状態で血糖値を安定させ合併症への移行を防ぎましょう。
冬レシピへ       食事療法を守ることで、糖尿病のコントロールがよくなって内服薬やインスリン
     の使用量が減る場合もあります。食事療法を煩わしいと考えないで、「なぜ
     必要なのか」を理解して、ヘルシーでバランスのよい食生活を楽しみましょう。
      食事の最初に野菜を食べることで、食後の急激な血糖上昇がおさえられます
     食べる順番療法(@野菜,Aたんぱく質,B炭水化物)をするだけで血糖コント
     ロールの指標であるHbA1cの低下する調査もあります。また、自然に野菜の量も
     増え満腹感も得やすくなるでしょう。
      食後の高血糖を防ぐためにとり入れたいGI(グライセミック・インデックス)
     (血糖上昇ぐあいを示す指標)があります。おもにご飯や、パン、麺などの
     炭水化物(糖質)が血糖を上げます。高GIの食品のGIを低くするポイントは
     食べ方や調理法です。野菜を先に、乳製品を一緒に、食物繊維の多い食品と
     組み合わせる、 調味料に酢を使うなど工夫をしましょう

他のレシピへ
栄養士会TOPへ 医療職域TOPへ