減塩食は腎臓病・心臓病・高血圧及び糖尿病などの
予防又はそれを改善する為に最も適した食事といえます。
味が薄くおいしくないと思いがちですが、食材そのものの味を生かし、
季節の香味野菜をプラスして食することで十分おいしくいただけます。
季節の食材を使った減塩食で秋を満喫してください。

    

    塩分は醤油や味噌・ドレッシング・ケチャプ・ソースなどにも含まれています。
    「減塩」はふつうの食塩量の50%以下のもので厚生労働省から表示をする
    ことを許可されたものです。ふつうの量を使えば食塩の量は半分に減らすことが
    出来ます。高血圧など疾病予防のため、旬の素材を生かし、塩分を7g程度にした
    食事に仕上げました。 
    塩分は食べ物の量に比例するので量を減らすことにより味付けを変えなくても
    塩分量を減らすことができます。又、使いやすい市販の出しは塩分が添加され
    ているものも多いので、昆布とかつおの手づくりの出しをとることで旨味を引き
    出し塩分量を減らすことが出来ます。季節の香味野菜を使って薄味でもおいしく
    お酢を使った季節感のあるお寿司を作ってみました。

    
    少ない塩分を活用しおいしくいただく為に、薄味でも食べれる献立を
    組み合わせる事や季節の素材や香味野菜を取り入れる事で主菜に十分塩分を
    使用することができます。
    料理の組み合わせや調理にひと工夫をする事で「おいしい」と実感できるような
    内容に仕上がると思います。
    夏には欠かせない鱧の湯引き、枝豆を使ったお料理に今回はしてみました。
       

他のレシピへ
栄養士会TOPへ 医療職域TOPへ