腎臓病の食事療法のポイントは食塩と蛋白質の摂取量さらに熱量や水分の取り方にあります。鮮度のよい旬の素材の利用又香りや辛味(生姜、ねぎ、きのこ類、ゆず、のり、かつおなど)を生かすことで薄味でも工夫をすればおいしくいただけます。今回は秋ならではの松茸ご飯、秋刀魚を使った献立で季節感を味わってください。

     腎臓病の食事療法のポイントで塩分を控えるのは基本ですが、
     新鮮な材料を使うことや出しの旨味をきかせ香辛料や香味野菜を
     使い料理すると薄味でもおいしく食べられます。今回はあっさりした
     ゆず入り大根の酢の物を味わってください。

     腎臓病の食事療法ではカリウムの過剰摂取にも十分注意することが
     大切です。カリウムを少なくするため果物は缶詰を利用します。
     また野菜や芋類は水にさらしたり、ゆでこぼししたもの
を使うとカリウムも
     減少します。果物の缶詰でフルーツポンチ・春らしくちらしずし・夕食には
     天ぷらを塩分控えめのレモン醤油で味わって下さい。

    
   腎臓病の食事は蛋白質の摂取量を腎臓の働きに合わせるとともに
   十分なエネルギー量をとることです。低蛋白質・高エネルギーにするには
   副食のメインとなる食品を揚げる・炒めるなどの油脂を用いた調理法にした
   り蛋白質を含まない砂糖・甘味料・でんぷんをとり不足エネルギーを補うよ
   うにします。油を使った鯵の南蛮漬け、おやつにわらびもちと夏らししさを
   味わってください。
   
    

他のレシピへ
栄養士会TOPへ 医療職域TOPへ