おすすめ観光スポット


自然散策うるおいの道(約6km)

斑鳩の里から山へ入り、四季の移り変わりを感じながら森林浴で心を和ませ、 高台から望む斑鳩の里。大和の山々を見渡し、 大和平野を眼下に見おろす大自然散策の道を紹介します。

法隆寺iセンター

徒歩4分(約300m)

法隆寺

法隆寺は、現存する世界最古の木造建築として今なお飛鳥の時代を伝えています。1400年もの伝統を誇り、仏教文化の研究の宝庫として人々の注目を集めています。また、1993年に日本で最初に世界文化遺産に登録され、世界的に見てもその地位は高まっています。

境内は国の指定史跡、南大門・五重塔・金堂をはじめとする19棟の建造物が国宝に指定されています。もはや風情や情緒といったものではなく、非日常の神秘的な雰囲気が漂っているスポットです。当時の栄華が伺えます。

徒歩7分(約550m)

天満池

池の前にある「斑鳩神社」が、古くは「天満社」と呼ばれていたことから「天満池」と名づけられました。
古くは、1100年ごろに築造されたと「法隆寺別当次第」に記載されています。
江戸時代前期に、竜田藩主・片桐氏により大きく改修されたようです。
またここは、夕陽に染まる法隆寺五重塔の撮影ポイントにもなっています。

徒歩2分(約150m)

斑鳩神社

菅原道真公を祀る旧法隆寺村(西里・東里・三町・五丁・並松)の氏神様。
法隆寺とも関係があり、平安時代(938年)当時の法隆寺別当湛照僧都が
道真公の後裔であったことから、境内に祀られた後に現在の場所に移されたそうです。
毎年10月の中頃には秋祭りが行われ、お祭りの日には、法隆寺境内の妻室前に
お旅所が設けられ、そこにお渡りがあります。

徒歩1分(約80m)

継子地蔵・石仏・極楽寺共同墓地

現代でも、斑鳩で一番大きい墓地である「極楽寺墓地」は、古くは「光明山極楽寺」という法隆寺に属するお寺でした(現在は廃寺)。
創建は定かではありませんが、残された文献からは、鎌倉期には存在していたものと思われます。
極楽寺墓地の入り口の地蔵堂の石地蔵には、1521年の銘があり、「継子地蔵」とも言われ、地域の昔話として語り継がれています。
墓地内では、継子地蔵以外にも、室町期の石仏が多数置かれています。

徒歩7分(約550m)

仏塚古墳

仏塚古墳は、法隆寺背後の通称「寺山」と呼ばれている丘陵よりさらに北にのびた小丘陵の先端部に立地します。
昭和51年の発掘調査の結果、墳丘規模等については一辺約23mの方墳であると考えられています。埋葬施設は南方向に開口する両袖式横穴式石室で、羨道部が一部未発掘であるが、確認できた石室長で9.36mを測ります。玄室床には礫が敷かれ、その下部には玄室を環状に巡って玄門部で合流して羨道部へ流れる排水溝が敷設されていました。
出土遺物のうち古墳造営当初のものとしては、亀甲形陶棺片や6世紀末頃の須恵器のほか、馬具や耳環や刀子があります。また鎌倉時代後期~室町時代にかけての金銅仏や塑像仏片や花瓶や六器にどの仏具、瓦器碗や土師皿などの土器類など仏教関連する遺物が多量に出土しており、中世に石室が仏堂として利用されていたことを示しており、近くにはその成立が鎌倉時代と考えられている極楽寺があり、それとの関係が指摘されています。
なお、法隆寺の北方にひろがる小丘陵には、6世紀から7世紀にかけての古墳が点在しています。7世紀と言えばまさに聖徳太子が斑鳩へ進出し、その後約半世紀にわたり上宮王家による活躍があったことから、斑鳩宮との造営時期が近接する上、斑鳩宮を臨む立地であることなどの点から、仏塚古墳の被葬者と上宮王家との関連を指摘する意見もあります。

徒歩7分(約550m)

松尾山詣りの道

古の斑鳩人は「まつおのさん詣り」といい、歩いてお参りをしました。
松尾寺までは、法隆寺東大門から、全長1.7㎞の道。
松尾寺は松尾山の中腹にあるお寺で、緩やかなトレッキングコースとなっています。

徒歩20分(約1.3km)

松尾寺

718年、天武天皇の息子の舎人親王(とねりしんのう)が、42歳の厄除けと「日本書紀」の完成を祈願して建立したと伝わる、日本最古の厄除霊場。国の重要文化財指定の本堂内陣では、毎日厄除けのご祈祷が行われている。複数の秘仏(特別開扉期間あり)を有するが、弘法大師作と伝わる大黒天(国の重要文化財/鎌倉時代)は年中拝観できる。瞑想や写経などの体験修行ができる。

徒歩25分(約1.7km)

天満池

池の前にある「斑鳩神社」が、古くは「天満社」と呼ばれていたことから「天満池」と名づけられました。
古くは、1100年ごろに築造されたと「法隆寺別当次第」に記載されています。
江戸時代前期に、竜田藩主・片桐氏により大きく改修されたようです。
またここは、夕陽に染まる法隆寺五重塔の撮影ポイントにもなっています。

徒歩7分(約550m)

法隆寺

法隆寺は、現存する世界最古の木造建築として今なお飛鳥の時代を伝えています。1400年もの伝統を誇り、仏教文化の研究の宝庫として人々の注目を集めています。また、1993年に日本で最初に世界文化遺産に登録され、世界的に見てもその地位は高まっています。

境内は国の指定史跡、南大門・五重塔・金堂をはじめとする19棟の建造物が国宝に指定されています。もはや風情や情緒といったものではなく、非日常の神秘的な雰囲気が漂っているスポットです。当時の栄華が伺えます。

徒歩4分(約300m)

斑鳩の里 観光案内所 法隆寺iセンター

奈良法隆寺をはじめとする斑鳩の里を案内します。
また、歴史街道の情報や、奈良大和路の観光情報を提供します。

おすすめスポット!

神岳神社

法隆寺の西側にあたる三室山の中腹に位置し、古代は社殿などの建造物はなく、自然の森や山を神地としての信仰であったといわれている・・・

松尾寺

718年、天武天皇の息子の舎人親王(とねりしんのう)が、42歳の厄除けと「日本書紀」の完成を祈願して建立したと伝わる、日本最古の厄・・・

興留・素盞嗚神社

興留集落に所在し、祭神は須佐男之命です。由緒は不祥ですが、元は村社でありました。本殿は一間社春日造の桧皮葺です。室町時代後期・・・

調子丸古墳

駒塚古墳の南側約100mに位置します。直径14m程度の円墳です。聖徳太子の舎人で「黒駒」の世話をしていた「調子麿」の墓と伝えられて・・・

矢田寺

矢田寺(金剛山寺)は開基当時、僧坊48を数える大寺であった。現在は、矢田寺北僧坊・矢田寺大門坊・矢田寺念佛院・矢田寺南僧坊の4つ・・・

法隆寺献灯一対

法隆寺の参道は、今は国道に切られ短くなりましたが、元は並松の地蔵堂のところが入口でした。 1952年(昭和27年)国道25号が通り、交・・・