おすすめ観光スポット


太子ロマンの道(約4km)

日本書紀に、推古元年(593)、厩戸豊聡耳皇子を皇太子に立て、政務をゆだねたと記されています。後、推古13年(605)、聖徳太子は斑鳩宮に移られます。斑鳩宮(現在の東院・夢殿)のそばに法隆寺を創建された太子により7世紀初頭「斑鳩文化」が花開きました。

法隆寺iセンター

徒歩4分(約300m)

法隆寺

法隆寺は、現存する世界最古の木造建築として今なお飛鳥の時代を伝えています。1400年もの伝統を誇り、仏教文化の研究の宝庫として人々の注目を集めています。また、1993年に日本で最初に世界文化遺産に登録され、世界的に見てもその地位は高まっています。

境内は国の指定史跡、南大門・五重塔・金堂をはじめとする19棟の建造物が国宝に指定されています。もはや風情や情緒といったものではなく、非日常の神秘的な雰囲気が漂っているスポットです。当時の栄華が伺えます。

徒歩4分(約300m)

法隆寺 夢殿

法隆寺東院伽藍の中心をなす八角円堂の建物。739年(天平11年)ころに創建され、1230年(寛喜2年)に大修理が加えられた。
聖徳太子の住まいであった「斑鳩の宮」の跡に、行信僧都(ぎょうしんそうず)が、太子の遺徳を偲び建てたのが上宮王院、その中心が夢殿。内部には、本尊の国宝救世観音像(聖徳太子等身の像と伝えられている)とともに、行信僧都と、平安時代初めに東院を修理した道詮律師(どうせんりっし)の座像があり、いずれも国宝に指定されている。
聖徳太子が住まわれた「斑鳩の宮」にも夢殿と呼ばれる建物があったと伝えられ、太子はその建物の中で思索にふけり、東方から来た金人(仏)のお告げを聞いたという。
『聖徳太子伝暦』

徒歩1分(約80m)

中宮寺

中宮寺は現在の場所から東へ約500mあまりの付近にあったが、中世室町時代に現在の夢殿の東側に移りました。聖徳太子が母の穴穂部間人皇后のために建立したと伝えられています。太子の斑鳩宮・岡本宮・葦垣宮の中間にあたるところから中宮寺と呼ばれたといわれています。
室町時代に尊智女王が入寺以来、代々門跡尼が住職となり、その法灯が守られてきました。
本堂には“三大微笑像”といわれる国宝の木造菩薩半跏像が安置されています。右足を左膝の上にかけ、左手は右足首に添え、右手は肘を右膝の上について指先で軽く右頬にふれる形で座っている像で、この像の形を半跏思惟の相といい、寺伝では如意輪観音と称するが、もともとは弥勒菩薩として造立されたと思われています。
また、聖徳太子の妃であった橘大郎女が、622年(推古30年)に亡くなられた太子が、天寿国に往生した様子を釆女らに刺繍させた国宝の天寿国繍帳も有名です。

徒歩8分(約600m)

中宮寺跡

現在の中宮寺は法隆寺東院の東側にありますが、元は400m東方に所在していました。現在の中宮寺と区別するため創建中宮寺を中宮寺跡と呼んでいます。現在でも塔、金堂の基壇が土壇状の高まりとなり残っています。これまで数度に渡り発掘調査が実施されていて、調査の結果から、塔、金堂が一直線に並ぶ四天王寺式伽藍配置をしていたことが明らかとなっています。これは聖徳太子が建立した斑鳩寺(若草伽藍)と同じ建物配置をしています。ただし、講堂や回廊は見つかっていないことから未完の寺であったようです。中宮寺跡は我が国における貴重な遺跡であることから平成2年と平成13年に国史跡の指定を受けました。

徒歩7分(約550m)

駒塚古墳

国道25号の南側、幸前集落と国道25号線を挟んだ南側に所在します。前方部を南に向けた前方後円墳です。全長は約49mですが、前方部が削られていることから本来の全長は明らかではありません。古墳名は聖徳太子の愛馬である「黒駒」を葬ったとの伝承に由来します。平成12年度から14年度にかけて斑鳩町教育委員会により発掘調査を実施しました。調査の結果、古墳時代前期(4世紀後半)に築造されたことが明らかとなりました。駒塚古墳の南側に所在する調子丸古墳と共に平成4年10月8日に町史跡の指定を行いました。

徒歩4分(約300m)

調子丸古墳

駒塚古墳の南側約100mに位置します。直径14m程度の円墳です。聖徳太子の舎人で「黒駒」の世話をしていた「調子麿」の墓と伝えられています。平成12年度に古墳の北側で行った発掘調査では、馬具などの表現を施した精巧な造りの土馬の頭部が出土しました。時期は不明ですがあまり類例のないものです。

徒歩4分(約300m)

上宮遺跡公園

平成3年のふるさと創世事業の一環として公園建設された際に確認された遺跡です。
奈良時代の宮殿クラスの掘立柱建物跡(官衙的な建物跡)、平城宮と同文様瓦のほか井戸跡も確認されました。特に瓦は、平城宮でつかわれた瓦と同じ版傷(版は木なので乾燥したりつぶれたりして傷が出来るが、同じ傷ということは、同じ窯で焼いているということになる)をもつものが出土しました。
そのようなことから、『続日本紀』の称徳天皇が行幸した際に利用されたとされる行宮の飽波宮と考えられるのではないかといわれています。
公園自体は「歴史・緑・水」をテーマに、地下遺構の保存に配慮する形で建設されました。

徒歩3分(約250m)

成福寺(伝・葦垣宮)

 「上宮遺跡公園」の直ぐ南に「成福寺」があって、今は金網のフェンスが張り巡らされて境内へ立ち入ることは出来ませんが、この周辺は「大安寺伽藍縁起」にある「飽波宮葦垣宮(あくなみあしがきノみや)」の伝承地で、昔、聖徳太子が膳妃(かしわでノひ)と晩年を過ごされた所です。また、「続日本紀」によるなら、767年(神護景雲元年)女帝の第48代称徳天皇が「飽波宮」へ行幸して、2日間滞在され、更に769年(神護景雲3年)にも、河内由義宮(かわちノゆけノみや)へ向かう途中で立ち寄られ、飽波宮は常設の行宮(あんぐう)であったようですが、また、飛鳥時代の「葦垣宮」もこの辺りと云われています。

徒歩5分(約400m)

興留・素盞嗚神社

興留集落に所在し、祭神は須佐男之命です。由緒は不祥ですが、元は村社でありました。本殿は一間社春日造の桧皮葺です。室町時代後期のもので県の重要文化財に指定されています。境内には他に八王子神社があります。

徒歩15分(約1km)

斑鳩の里 観光案内所 法隆寺iセンター

奈良法隆寺をはじめとする斑鳩の里を案内します。
また、歴史街道の情報や、奈良大和路の観光情報を提供します。

おすすめスポット!

龍田神社

聖徳太子が16歳の時(589)、飛鳥から来られて、法隆寺建立の地を平群川(竜田川)に沿って 探しておられました。この折りに白・・・

龍田城跡

慶長6年(1601)、賤ヶ岳の7本槍で名をはせた片桐且元が4万石の大名として構えた城の跡。堀が縦横にめぐらされて雄大であったという。

融念寺

神南集落のほぼ中央に所在し、宗派は融通念仏宗で由緒は不詳です。本尊は一木造の阿弥陀如来立像で彩色を施していて、室町時代初期の・・・

ウォーナー塔

太平洋戦争未明、ランドン・ウォーナー博士の尽力によって、奈良と京都は爆撃を免れました。日本文化の恩人ともいうべき博士を賛えた・・・

鹿塚

言い伝えによれば聖徳太子が家来を連れ鹿塚の辺りを通り掛った時、家来の犬が鹿に噛み付き足を怪我し聖徳太子が傷の手当てをして逃が・・・