瓦塚古墳群

瓦塚古墳群は、前方後円墳2基と円墳1基とからなる古墳群で、法起寺の北西方向の標高70~80mの尾根上に立地します。
この古墳群の北端にある瓦塚1号墳は、昭和50年度に範囲確認の発掘調査が実施され、全長約97m、後円部径約60m、前方部幅約47mの前方後円墳で、二段の埴輪列があることが確認されました。墳丘表面には葺石があり、後円部東側からは家形埴輪や鳥形埴輪などの形象埴輪が出土したマツリの場としての石敷きの祭祀場が見つかっています。埋葬施設については未調査ですが、竪穴式石室か粘土槨と考えられています。しかし、北側に接する大和郡山市に所在する小泉大塚古墳が竪穴式石室でありますことから、首長墓の系譜として同一と考えれば、同じく竪穴式石室と推測されます。
出土遺物につきましては、高さ40~60cmの高さの円筒埴輪や壷形埴輪があり、これらの埴輪のなかには、ヘラ記号や特殊な文様が描かれたものもあります。また特異な遺物として、復原しましたら8~11cm程度になる魚形土製品や直径3~5cmの円盤形土製品が出土しており、行者塚古墳(兵庫県加古川市)で出土した土製品の一群のように、古墳の祭祀に用いられたものとして理解されています。
以上のような内容から、瓦塚1号墳は、5世紀初め頃の斑鳩地域またはもう少し広く古代の平群地域一帯を治めていた首長墓と考えられています。
瓦塚2号墳につきましては、発掘調査は実施しておりませんが、測量調査が実施され、全長約95mの前方後円墳で、1号墳とほぼ同じ設計プランで造営年代もほぼ同じ頃と考えられています。しかし、他の地域のように尾根上に主軸方向を同じくして並ぶのではなく、1号墳が尾根線に主軸を合せて造営されているのに対して、その制約を受けたかたちで、古墳の主軸線が垂直方向に造営されています。
瓦塚3号墳につきましては、直径40m程度の円墳ではないかと考えられていますが、古墳であるかどうかを含め、詳細につきましては不明です。
なお、「瓦塚」の名前につきましては、瓦塚2号墳の後円部西側斜面に造られた瓦窯あとである「三井瓦窯跡」があり、その瓦片がひろくちらばっていたことに由来しています。

おすすめスポット!

西里の町並み

法隆寺の西隣りにあり、もともとは法隆寺を支えた大工集団の本拠地であった。今も、歴史を黙々と伝える土壁や鳩倉等が残る旧村60軒ほ・・・

龍田の町並み

国道25号線の竜田大橋から猫坂まで通りそこから左上に伸びている道にそれて斑鳩町役場付近まで龍田の街並みがあります。 建物は切・・・

三室山

標高82mの三室山の「みむろ」は「御室」「三室」と書き、神の鎮座する山や森を表します。 飛鳥時代、聖徳太子が斑鳩宮造営にあた・・・

中宮寺

中宮寺は現在の場所から東へ約500mあまりの付近にあったが、中世室町時代に現在の夢殿の東側に移りました。聖徳太子が母の穴穂部・・・

松尾山

718年、天武天皇の息子の舎人親王(とねりしんのう)が、42歳の厄除けと「日本書紀」の完成を祈願して建立したと伝わる、日本最古の厄・・・

鹿塚

言い伝えによれば聖徳太子が家来を連れ鹿塚の辺りを通り掛った時、家来の犬が鹿に噛み付き足を怪我し聖徳太子が傷の手当てをして逃が・・・