松尾山

718年、天武天皇の息子の舎人親王(とねりしんのう)が、42歳の厄除けと「日本書紀」の完成を祈願して建立したと伝わる、日本最古の厄除霊場。国の重要文化財指定の本堂内陣では、毎日厄除けのご祈祷が行われている。複数の秘仏(特別開扉期間あり)を有するが、弘法大師作と伝わる大黒天(国の重要文化財/鎌倉時代)は年中拝観できる。瞑想や写経などの体験修行ができる。

拝観時間 午前9時~午後4時
拝観料 境内無料 七福神堂拝観 300円
駐車場 無料 普通車100台
電話 0743-53-5023
URL http://www.matsuodera.com/

おすすめスポット!

史跡三井

法輪寺旧境内の範囲に含まれ、聖徳太子が開掘した三基のうちのひとつだと伝えられており、法輪寺の別名である「三井寺」や「御井寺」・・・

史跡三井瓦窯跡

三井瓦窯跡は、法起寺西側の尾根丘陵に立地する瓦塚2号墳後円部の西側斜面に所在します。 昭和6年に果樹園を開墾中に偶然に発見さ・・・

仏塚古墳

仏塚古墳は、法隆寺背後の通称「寺山」と呼ばれている丘陵よりさらに北にのびた小丘陵の先端部に立地します。 昭和51年の発掘調査の・・・

桜池ポケットパーク

高台から目の前に藤ノ木古墳が望める休憩所。 正面に大和三山や、金剛葛城、二上山なども一望できるスポット。

法輪寺

法起寺とともに斑鳩三塔と呼ばれているのが、この法輪寺の三重塔である。 創建については、2つの説があり、一説には622年に聖徳・・・

藤ノ木古墳

藤ノ木古墳は、法隆寺に残る記録には、「ミササキ」「ミササキ山」と記されており、崇峻天皇陵と記すものもあります。その後、発掘調・・・