神岳神社

法隆寺の西側にあたる三室山の中腹に位置し、古代は社殿などの建造物はなく、自然の森や山を神地としての信仰であったといわれている。
 聖徳太子は飛鳥より産土神(神名不明)をこの地に安置し、太子の勅願所として祭祀されていたが、いつしか祭神は須佐之男命を奉祀している。
 須佐之男命は別名を牛頭天王と呼び、内陣鳥居前には『牛頭天王』と刻んだ4基の石灯籠が、その歴史を今日に伝承させている。
 旧村社。神岳神社は延喜式神名帳巻9(延長5年・927)に平群郡神岳神社と、また大和国平群郡神社明細帳(明治12年7月調・1879)にも社格を明記されている

おすすめスポット!

融念寺

神南集落のほぼ中央に所在し、宗派は融通念仏宗で由緒は不詳です。本尊は一木造の阿弥陀如来立像で彩色を施していて、室町時代初期の・・・

神南重要文化財収蔵庫

恵宝殿で、延久元(1069)年7月11日の造像銘がある聖観音立像と、平安時代初期の作で右手で衣の端をつまむという珍しい姿をしている地・・・

竜田公園

斑鳩町の南西部に位置し、竜田川沿い総延長約2km、総面積14haの都市公園です。  かつて、 「ちはやぶる 神代も聞かず たつ田川 ・・・

龍田城跡

慶長6年(1601)、賤ヶ岳の7本槍で名をはせた片桐且元が4万石の大名として構えた城の跡。堀が縦横にめぐらされて雄大であったという。

竜田川

法隆寺のある斑鳩の里を流れる竜田川・竜田公園では、11月「紅葉祭り」が開催される。