斑鳩神社

菅原道真公を祀る旧法隆寺村(西里・東里・三町・五丁・並松)の氏神様。
法隆寺とも関係があり、平安時代(938年)当時の法隆寺別当湛照僧都が
道真公の後裔であったことから、境内に祀られた後に現在の場所に移されたそうです。
毎年10月の中頃には秋祭りが行われ、お祭りの日には、法隆寺境内の妻室前に
お旅所が設けられ、そこにお渡りがあります。

アクセス JR大和路線法隆寺下車
法隆寺より北5分

おすすめスポット!

中宮寺

中宮寺は現在の場所から東へ約500mあまりの付近にあったが、中世室町時代に現在の夢殿の東側に移りました。聖徳太子が母の穴穂部・・・

法隆寺 夢殿

法隆寺東院伽藍の中心をなす八角円堂の建物。739年(天平11年)ころに創建され、1230年(寛喜2年)に大修理が加えられた。・・・

仏塚古墳

仏塚古墳は、法隆寺背後の通称「寺山」と呼ばれている丘陵よりさらに北にのびた小丘陵の先端部に立地します。 昭和51年の発掘調査の・・・

史跡三井

法輪寺旧境内の範囲に含まれ、聖徳太子が開掘した三基のうちのひとつだと伝えられており、法輪寺の別名である「三井寺」や「御井寺」・・・

史跡三井瓦窯跡

三井瓦窯跡は、法起寺西側の尾根丘陵に立地する瓦塚2号墳後円部の西側斜面に所在します。 昭和6年に果樹園を開墾中に偶然に発見さ・・・

法輪寺

法起寺とともに斑鳩三塔と呼ばれているのが、この法輪寺の三重塔である。 創建については、2つの説があり、一説には622年に聖徳・・・