龍田神社

聖徳太子が16歳の時(589)、飛鳥から来られて、法隆寺建立の地を平群川(竜田川)に沿って
探しておられました。この折りに白髪の老人が現れて「ここから東に斑鳩が群棲している郷がある。
優れた土地である。そこに伽藍を建てなされ。」と告げ、そこは仏法が末永く興隆する地として伽藍
建立に適したところであるという。太子が白髪の老人にどういう方かとお尋ねすると、「私は龍田山
の裾に住み、秋の紅葉を楽しんでいる間に千余年を過ごしてしまった。」といったので、太子は
「あなたはこの地の守護神なのですね。私の建立する寺をお守り下さい。」とお願いすると、
「吾、守護神たらん。」といわれた。この老人こそが、龍田明神の化身であったという。
しかし、三郷立野の龍田大社(本宮)は遠いので、斑鳩に龍田神社を祭り、法隆寺の鎮守とした
のだと伝えられています。
この境内の蘇鉄の巨樹は昭和32年(1957年)に、県の記念物の指定をうけました。

電話 0745-75-3163
拝観時間 自由
拝観料 無料

おすすめスポット!

龍田の町並み

国道25号線の竜田大橋から猫坂まで通りそこから左上に伸びている道にそれて斑鳩町役場付近まで龍田の街並みがあります。 建物は切・・・

吉田寺(きちでんじ)

浄土宗・清水山と号し、別名を『ぽっくり寺』という。 創始は、天智天皇の勅願と伝えられ、 本堂の西側には妹の間人皇女を葬るとい・・・

業平姿見の井戸

女の不作法に愛想を尽かした在原業平を追いかけてきた女が、井戸の傍のヨノミの樹に登った業平の姿が井戸にうつる姿を見て井戸に飛び・・・

日切地蔵(継子地蔵)

日切地蔵は、弘法太子の作で継子地蔵とも言われています。 むかし継子が母親にいじめられていました。『お前、あの五百井の地藏さん・・・

鹿塚

言い伝えによれば聖徳太子が家来を連れ鹿塚の辺りを通り掛った時、家来の犬が鹿に噛み付き足を怪我し聖徳太子が傷の手当てをして逃が・・・