おすすめ観光スポット


吉田寺(きちでんじ)

浄土宗・清水山と号し、別名を『ぽっくり寺』という。
創始は、天智天皇の勅願と伝えられ、
本堂の西側には妹の間人皇女を葬るといわれている古墳があり、永延元年(987年)に
恵心僧都源信が寺を創建したとされます。ぽっくり寺のいわれは、恵心僧都が、母の臨終に際し、祈願をした衣服を着せかけるとなんの苦しみもなく往生をしたといわれることからです。
本尊の阿弥陀坐像(像高225.8cm)は丈六の金色、木造で奈良県下最大。定印を結び、千体仏の光背を持っており、重要文化財です。
同じく重要文化財の多宝塔は室町時代 (1463年)の創建の1辺3mあまりの小塔で、内部には大日如来像が安置されており、普段は秘仏となっていますが、9月1,2日と11月1~3日の5日間のみ特別公開されます

電話 0745-74-2651
アクセス JR大和路線王寺・近鉄線王寺から奈良交通バス「龍田神社前」下車すぐ
拝観時間 通年 9:00~16:00 (拝観受付30分前まで)
拝観料 大人300円
URL http://www.kichidenji.com/index.html

おすすめスポット!

龍田神社

聖徳太子が16歳の時(589)、飛鳥から来られて、法隆寺建立の地を平群川(竜田川)に沿って 探しておられました。この折りに白・・・

龍田の町並み

国道25号線の竜田大橋から猫坂まで通りそこから左上に伸びている道にそれて斑鳩町役場付近まで龍田の街並みがあります。 建物は切・・・

龍田城跡

慶長6年(1601)、賤ヶ岳の7本槍で名をはせた片桐且元が4万石の大名として構えた城の跡。堀が縦横にめぐらされて雄大であったという。

伊弉冊命神社

五百井の集落の西北に所在し、祭神は伊弉冊命です。安永6(1777)年銘の奉献の石灯の銘文にも見られるように白山大権現とも称し、ま・・・

業平姿見の井戸

女の不作法に愛想を尽かした在原業平を追いかけてきた女が、井戸の傍のヨノミの樹に登った業平の姿が井戸にうつる姿を見て井戸に飛び・・・