中宮寺

中宮寺は現在の場所から東へ約500mあまりの付近にあったが、中世室町時代に現在の夢殿の東側に移りました。聖徳太子が母の穴穂部間人皇后のために建立したと伝えられています。太子の斑鳩宮・岡本宮・葦垣宮の中間にあたるところから中宮寺と呼ばれたといわれています。
室町時代に尊智女王が入寺以来、代々門跡尼が住職となり、その法灯が守られてきました。
本堂には“三大微笑像”といわれる国宝の木造菩薩半跏像が安置されています。右足を左膝の上にかけ、左手は右足首に添え、右手は肘を右膝の上について指先で軽く右頬にふれる形で座っている像で、この像の形を半跏思惟の相といい、寺伝では如意輪観音と称するが、もともとは弥勒菩薩として造立されたと思われています。
また、聖徳太子の妃であった橘大郎女が、622年(推古30年)に亡くなられた太子が、天寿国に往生した様子を釆女らに刺繍させた国宝の天寿国繍帳も有名です。

お問い合わせ 0745-75-2106
拝観時間 3月21日~ 9月30日 9:00~16:30
10月1日~ 3月20日 9:00~16:00
(拝観受付は15分前締切)
拝観料 大人 600円・中学生 450円・小学生 300円
※ 法隆寺参拝の方は割引あり。
※ 30名以上の団体は別途割引あり。
URL http://www.chuguji.jp/

おすすめスポット!

法隆寺 夢殿

法隆寺東院伽藍の中心をなす八角円堂の建物。739年(天平11年)ころに創建され、1230年(寛喜2年)に大修理が加えられた。・・・

斑鳩神社

菅原道真公を祀る旧法隆寺村(西里・東里・三町・五丁・並松)の氏神様。 法隆寺とも関係があり、平安時代(938年)当時の法隆寺・・・

中宮寺跡

現在の中宮寺は法隆寺東院の東側にありますが、元は400m東方に所在していました。現在の中宮寺と区別するため創建中宮寺を中宮寺跡と・・・

仏塚古墳

仏塚古墳は、法隆寺背後の通称「寺山」と呼ばれている丘陵よりさらに北にのびた小丘陵の先端部に立地します。 昭和51年の発掘調査の・・・

法隆寺

法隆寺は、現存する世界最古の木造建築として今なお飛鳥の時代を伝えています。1400年もの伝統を誇り、仏教文化の研究の宝庫として人・・・

法輪寺

法起寺とともに斑鳩三塔と呼ばれているのが、この法輪寺の三重塔である。 創建については、2つの説があり、一説には622年に聖徳・・・