おすすめ観光スポット


「いかるが」と斑鳩(いかるが)町

『いかるが』という名は、「日本書紀」用明紀元年の条に「斑鳩」の記事が見え「日本書紀通釈」には「斑鳩、鳥を以て名をせしなり。・・・」 とあり、
この地にイカルという鳥が群れをなしていたことからだといわれています。
スズメ目アトリ科の鳥でムクドリぐらいの大きさです。この鳥は、漢字で斑鳩・鵤(いかるが)とも書きます。
また、伊香留我伊香志男命がこの地の神として祀られていることから言われたという説があります。

『斑鳩町』は奈良県の北西部に位置し、聖徳太子ゆかりの地として、広く知られています。
町のほぼ中央部にある法隆寺は最古の木造建築として名高く、法起寺を含む周辺地域の仏教建造物群は、日本で初めて世界文化遺産に登録されました。
隣接する法輪寺や中宮寺など由緒あるお寺もあります。
これらの寺々には飛鳥時代から中世、近世にいたる仏教芸術の粋といわれる仏像や仏画、工芸品があり、
あたりのもの静かな雰囲気と相まって、歴史文化の余香を今に伝えています。


○(聖徳太子は)初め上宮(かみつみや)に居(ましま)しき。
   後に斑鳩に移りたまふ。        日本書記用命元年(586)条

○いかるがのさとのをとめはよもすがら
 きぬはたおれりあきちかみかも    會津八一

おすすめスポット!

史跡三井瓦窯跡

三井瓦窯跡は、法起寺西側の尾根丘陵に立地する瓦塚2号墳後円部の西側斜面に所在します。 昭和6年に果樹園を開墾中に偶然に発見さ・・・

成福寺(伝・葦垣宮)

 「上宮遺跡公園」の直ぐ南に「成福寺」があって、今は金網のフェンスが張り巡らされて境内へ立ち入ることは出来ませんが、この周辺・・・

斑鳩の里 観光案内所 法隆寺iセンター

奈良法隆寺をはじめとする斑鳩の里を案内します。 また、歴史街道の情報や、奈良大和路の観光情報を提供します。

史跡三井

法輪寺旧境内の範囲に含まれ、聖徳太子が開掘した三基のうちのひとつだと伝えられており、法輪寺の別名である「三井寺」や「御井寺」・・・

上宮遺跡公園

平成3年のふるさと創世事業の一環として公園建設された際に確認された遺跡です。  奈良時代の宮殿クラスの掘立柱建物跡(官衙的な・・・

矢田寺

矢田寺(金剛山寺)は開基当時、僧坊48を数える大寺であった。現在は、矢田寺北僧坊・矢田寺大門坊・矢田寺念佛院・矢田寺南僧坊の4つ・・・