おすすめ観光スポット


「いかるが」と斑鳩(いかるが)町

『いかるが』という名は、「日本書紀」用明紀元年の条に「斑鳩」の記事が見え「日本書紀通釈」には「斑鳩、鳥を以て名をせしなり。・・・」 とあり、
この地にイカルという鳥が群れをなしていたことからだといわれています。
スズメ目アトリ科の鳥でムクドリぐらいの大きさです。この鳥は、漢字で斑鳩・鵤(いかるが)とも書きます。
また、伊香留我伊香志男命がこの地の神として祀られていることから言われたという説があります。

『斑鳩町』は奈良県の北西部に位置し、聖徳太子ゆかりの地として、広く知られています。
町のほぼ中央部にある法隆寺は最古の木造建築として名高く、法起寺を含む周辺地域の仏教建造物群は、日本で初めて世界文化遺産に登録されました。
隣接する法輪寺や中宮寺など由緒あるお寺もあります。
これらの寺々には飛鳥時代から中世、近世にいたる仏教芸術の粋といわれる仏像や仏画、工芸品があり、
あたりのもの静かな雰囲気と相まって、歴史文化の余香を今に伝えています。


○(聖徳太子は)初め上宮(かみつみや)に居(ましま)しき。
   後に斑鳩に移りたまふ。        日本書記用命元年(586)条

○いかるがのさとのをとめはよもすがら
 きぬはたおれりあきちかみかも    會津八一

おすすめスポット!

中宮寺跡

現在の中宮寺は法隆寺東院の東側にありますが、元は400m東方に所在していました。現在の中宮寺と区別するため創建中宮寺を中宮寺跡と・・・

興留・素盞嗚神社

興留集落に所在し、祭神は須佐男之命です。由緒は不祥ですが、元は村社でありました。本殿は一間社春日造の桧皮葺です。室町時代後期・・・

業平姿見の井戸

女の不作法に愛想を尽かした在原業平を追いかけてきた女が、井戸の傍のヨノミの樹に登った業平の姿が井戸にうつる姿を見て井戸に飛び・・・

中宮寺

中宮寺は現在の場所から東へ約500mあまりの付近にあったが、中世室町時代に現在の夢殿の東側に移りました。聖徳太子が母の穴穂部・・・

斑鳩大塚古墳

五百井の集落の北側、矢田丘陵から南に延びた緩やかな丘陵上に立地しています。直径35m、高さ4mの円墳です。昭和29(1954)年、墳丘上に・・・

神岳神社

法隆寺の西側にあたる三室山の中腹に位置し、古代は社殿などの建造物はなく、自然の森や山を神地としての信仰であったといわれている・・・