おすすめ観光スポット


「いかるが」と斑鳩(いかるが)町

『いかるが』という名は、「日本書紀」用明紀元年の条に「斑鳩」の記事が見え「日本書紀通釈」には「斑鳩、鳥を以て名をせしなり。・・・」 とあり、
この地にイカルという鳥が群れをなしていたことからだといわれています。
スズメ目アトリ科の鳥でムクドリぐらいの大きさです。この鳥は、漢字で斑鳩・鵤(いかるが)とも書きます。
また、伊香留我伊香志男命がこの地の神として祀られていることから言われたという説があります。

『斑鳩町』は奈良県の北西部に位置し、聖徳太子ゆかりの地として、広く知られています。
町のほぼ中央部にある法隆寺は最古の木造建築として名高く、法起寺を含む周辺地域の仏教建造物群は、日本で初めて世界文化遺産に登録されました。
隣接する法輪寺や中宮寺など由緒あるお寺もあります。
これらの寺々には飛鳥時代から中世、近世にいたる仏教芸術の粋といわれる仏像や仏画、工芸品があり、
あたりのもの静かな雰囲気と相まって、歴史文化の余香を今に伝えています。


○(聖徳太子は)初め上宮(かみつみや)に居(ましま)しき。
   後に斑鳩に移りたまふ。        日本書記用命元年(586)条

○いかるがのさとのをとめはよもすがら
 きぬはたおれりあきちかみかも    會津八一

おすすめスポット!

斑鳩文化財センター

歴史・文化遺産の豊かな、特色ある町づくりをめざす斑鳩町では、藤ノ木古墳の案内を行う施設としてだけでなく、文化財の調査・研究及・・・

神岳神社

法隆寺の西側にあたる三室山の中腹に位置し、古代は社殿などの建造物はなく、自然の森や山を神地としての信仰であったといわれている・・・

仏塚古墳

仏塚古墳は、法隆寺背後の通称「寺山」と呼ばれている丘陵よりさらに北にのびた小丘陵の先端部に立地します。 昭和51年の発掘調査の・・・

竜田公園

斑鳩町の南西部に位置し、竜田川沿い総延長約2km、総面積14haの都市公園です。  かつて、 「ちはやぶる 神代も聞かず たつ田川 ・・・

龍田の町並み

国道25号線の竜田大橋から猫坂まで通りそこから左上に伸びている道にそれて斑鳩町役場付近まで龍田の街並みがあります。 建物は切・・・

吉田寺(きちでんじ)

浄土宗・清水山と号し、別名を『ぽっくり寺』という。 創始は、天智天皇の勅願と伝えられ、 本堂の西側には妹の間人皇女を葬るとい・・・