お祭り・イベント情報


史跡藤ノ木古墳石室特別公開

藤ノ木古墳は、法隆寺の西約350mに所在する直径50m以上、高さ9mを測る6世紀後半の円墳です。昭和60(1985)年に第1次調査が実施され、南東方向に開口する全長約14mの両袖式の横穴式石室内に納められた朱塗りの家形石棺が確認されました。石室の奥壁と石棺の間からは金銅製透彫鞍金具に代表される馬具が出土し、一躍有名となりました。昭和63(1988)年には石棺内のファイバースコープ調査、続いて開棺調査が実施され、二人の人物が装飾性豊かな大刀、金銅製履など豪華な副葬品とともに埋葬されていることが明らかになり、平成3(1991)年には国史跡に指定されました。通常は非公開の石室内が特別公開されます。

日時 2019年10月26日(土)~27日(日)
午前10時から午後4時まで
(前回と開催時間が変わっております。)
内容 石室内は狭くなっていますので、人数を区切って順番にお入りいただきます。また、石室内で斑鳩町教育委員会の文化財担当者の説明が行われます。
駐車場 藤ノ木古墳には駐車場はございません。周辺道路も狭くなっていますので、法隆寺参道周辺の駐車場をご利用下さい。
交通 ★JR法隆寺駅から
奈良交通バス「法隆寺参道」行 「法隆寺参道」下車、西へ徒歩約5分
★近鉄筒井駅から
奈良交通バス「王寺駅」行 「斑鳩町役場」下車、北へ徒歩約3分
お問い合わせ 斑鳩文化財センター
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西1-11-14
電話:0745-70-1200

おすすめイベント情報

法隆寺 上御堂特別公開

普段非公開のお堂を期間中のみ特別開扉。上御堂(重要文化財)は鎌倉時代の建物で、天武天皇の皇子・舎人親王の創建と伝えられています。平安時代の釈迦三尊像(国宝)を安置しています。

期間:2019.11.01(金)~2019.11.03(日)

法隆寺夢殿秘仏開扉

秘仏・法隆寺夢殿本尊 観音菩薩立像(救世観音)が特別開扉されます。夢殿は、聖徳太子が営んだ斑鳩宮の跡に建てられた法隆寺東院の中心堂宇である。堂内中央の厨子に安置される救世観音像は聖・・・

期間:2019.10.22(火)~2019.11.22(金)

法隆寺秘宝展 保管宝物の特別公開

法隆寺では大宝蔵院において代表的な宝物の数々を展示していますが、展示スペースに限りがあります。そのため大宝蔵殿において保管の宝物を特別に公開しています。

期間:2019.09.22(日)~2019.11.30(土)

2019年8月

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

SAT

  • 斑鳩町観光協会会員一覧
  • 斑鳩町
  • 法隆寺観光案内所
  • 観光パンフレット
  • 観光お役立ちページ
  • 観光ボランティアガイド
  • イベント情報
  • モデルコース おすすめ6コース
  • 法隆寺iセンター公式アカウント
  • 斑鳩町公式Facebookページ
  • 斑鳩町観光協会公式Instagramページ