お知らせ


宝蔵院流槍術・柳生新陰流兵法
春日大社奉納演武会

宝蔵院流槍術
 流祖・胤栄(1521-1607)は奈良・興福寺の僧。武芸を好み、槍の修練に努め、ついに鎌槍を工夫し、宝蔵院流槍術を創めました。
 宝蔵院流槍術の槍は、通常の真直ぐな素槍に対し、鎌槍と称する十字形の穂先に特徴があります。この宝蔵院流鎌槍は攻撃と防御に優れた画期的な武器で全国を風靡し、日本を代表する最大の槍術流派として発展しました。
 伝えられた技の総てを春日大神様ご神前に奉納させて頂きます。

柳生新陰流兵法

 新陰流流祖、上泉伊勢守信綱より、柳生石舟斎宗厳が一国一人印可状を授かり、当流は創まりました。7人の尾張藩藩主と14人の尾張柳生家当主により伝えられ現在に至ります。なお、遠祖は春日社の社人でもあり、石舟斎はおん祭りにも関わっていました。
 心身ともに「無形の位」を本体とし千変万化する相手を明らかに観て、その働きに従って無理なく転変して勝つ「活人剣」を特徴とします。
 流祖から伝わる、三学円之太刀、九箇之太刀、燕飛之太刀、そして、身体を錬磨するために江戸時代に整えられた試合勢法を演武いたします。

 両流祖が上泉伊勢守信綱師の兄弟弟子であり、興福寺・春日社にご縁の両流の春日大社における演武は特に意義深い奉納となります。
日時 平成29(2017)年4月22日(土)14:00〜

会場 春日大社
     630-8212奈良市春日野町160
     TEL.0742-22-7788


観覧  自由・無料
      雨天 決行

次第
14:00 正式参拝
演武奉納:林檎の庭

14:20
柳生新陰流兵法
    第二十二世宗家 柳生耕一厳信
               水越義広
               野村明徳
               川崎元士
               道吉  哲
               鶴田竜次
               折居一男
               細川和宏
               今村  寛
               数納英明

14:50 宝蔵院流高田派槍術 奉納
     宝蔵院流高田派槍合せの型 表
      鎌槍:免許    小寺直樹
      素槍:目録    半田  

      鎌槍:免許    西本昌永
      素槍:免許    駒喜多学

     宝蔵院流高田派槍合せの型 裏
      鎌槍:免許皆伝 美馬博幸
      素槍:免許皆伝 土屋明洋

      鎌槍:免許皆伝 粕井隆
      素槍:免許皆伝 若林幹雄

   宝蔵院流高田派槍合せの型 新仕掛
      鎌槍:宗家    一箭順三
      素槍:免許皆伝 前田繁則

H28(2016).11.26 第六十次式年造替 正遷宮奉祝 柳生新陰流兵法・宝蔵院流槍術 春日大社奉納演武会
H28(2016). 4.16 第六十次式年造替奉祝 柳生新陰流兵法・宝蔵院流槍術 春日大社奉納演武会
H27(2015). 4.25 第六十次式年造替奉祝 宝蔵院流槍術 春日大社奉納演武会
H24(2012). 6. 9 宝蔵院流高田派槍術第二十一世宗家就任報告春日大社正式参拝並びに演武奉納の儀
H15(2003). 4. 7 春日大社 若宮御出現一千年奉祝大祭「奉祝祭第三日ノ儀」古武道奉納演武



靖国神社 春季例大祭奉納演武
宝蔵院流槍術
日時 平成29(2017)年4月23日(日)
     9:30〜

奉納 靖国神社 能楽堂
    〒102-8246 東京都千代田区九段北3-1-1
     TEL.03-3261-8326

奉納演武 9:51頃
宝蔵院流高田派槍合せの型 表
  素槍:免許 西本昌永 ・ 鎌槍:目録 加藤了嗣

宝蔵院流高田派槍合せの型 裏
  素槍:免許 西本昌永 ・ 鎌槍:目録 佐藤寛



第113回 全日本剣道演武大会 (京都大会)
宝蔵院流槍術演武
大会の歴史
武徳会創立直後の明治28年10月26日、大日本武徳会本部主催により第1回武徳祭大演武会開催
明治32年5月4日から新たに武徳殿が主会場となり以来毎年実施
戦後、全日本剣道連盟が結成されてより、京都大会の名称で昭和28年5月4日、大日本武徳会武徳殿において開催
以来、各種武道型・杖道・居合道の演武及び剣道個人試合が行われ、全国の剣道人が一年間の修練の成果を披露する演武大会として、また全国剣道士の交歓の場として普及し今日に至る。


京都・武徳殿

宝蔵院流槍術は昭和56年より毎年出場し、本年も開会式直後の第一番目に演武を披露します。
さらにこの日、60余の各種古武道流派の型が演武されます。

日時  平成29(2017)年5月2日(火) 8:30〜

会場  京都・武徳殿
     京都市左京区聖護院円頓美町46-2
      (平安神宮西北隣)
     電話075−751−1255
     

主催  全日本剣道連盟

観覧  自由・無料

演武  宝蔵院流槍術演武:開会式直後 第一番
      素槍 宗家    一箭順三
      鎌槍 免許皆伝 粕井 隆

      素槍 免許皆伝 前田繁則
      鎌槍 免許皆伝 尾野好司








KCNテレビ放映
「奈良イチ研究所 宝蔵院流槍術」
 奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べておられます。
 今回は、奈良イチ研究所・藤井里穂 研究員が「宝蔵院流槍術」を取材してくださいました。


ケーブルテレビ「KCNテレビ」

KCN「奈良イチ研究所」

放映
平成29(2017)年5月 2日(火)21:30-



下鴨神社奉納古武道大会
宝蔵院流槍術 奉納演武
日時  平成29(2017)年5月4日(木・祝)
      11:45〜16:00

会場  下鴨神社 舞殿・橋殿
     京都市左京区下鴨泉川町59
     電話075-781-0010

主催  下鴨神社・日本古武道振興会

観覧  無料

奉納演武
宝蔵院流槍術 演武奉納
 宝蔵院流高田派槍合せの型 表  
  素槍:免許皆伝 美馬博幸
  鎌槍:免許    土屋明洋

  素槍:目録 佐藤寛
  鎌槍:目録 半田

  素槍:目録 西堀清作
  鎌槍:目録 米原紀吉

 宝蔵院流高田派槍合せの型 新仕掛
  素槍:宗家    一箭順三
  鎌槍:免許皆伝 若林幹雄













平成28年 下鴨神社奉納古武道大会 H28(2016).5.4
平成27年 下鴨神社奉納古武道大会 H27(2015).5.4
平成26年 下鴨神社奉納古武道大会 H26(2014).5.4
平成25年 下鴨神社奉納古武道大会 H25(2013).5.4
平成24年 下鴨神社奉納古武道大会 H24(2012).5.4
平成23年 下鴨神社奉納古武道大会 H23(2011).5.4
平成22年 下鴨神社奉納古武道大会 H22(2010).5.4



伊勢国司講社大祭 北畠神社春季大祭
宝蔵院流槍術・柳生新陰流兵法 演武奉納
 上泉信綱(かみいずみ のぶつな)は、上野国(こうづけのくに:現在の群馬県)の出身で、戦国時代の兵法家です。新陰流の創始者であり、全国に数多くの弟子を有し、いまなお「剣聖」と称されています。
 諸国行脚中の上泉信綱師は、永禄6(1563)年、北畠具教卿に南都・宝蔵院胤栄、柳生宗厳の存在を教えられ、多芸御所(北畠具教卿邸:現 北畠神社)から奈良・興福寺宝蔵院に向かいました。
 宝蔵院で上泉信綱師を迎えた柳生宗厳と宝蔵院胤栄は卓越した神技に感銘を受け、ともに上泉師に弟子入りしました。各々の流派は創始、発展へと繋がっていきます。
 この度、両流派にとって原点ともいうべき北畠神社におきまして、柳生新陰流兵法、宝蔵院流槍術の演武を奉納させていただきます。

日  時  平成29(2017)年5月5日(金・祝)
        13:00-
会  場  北畠神社
       三重県津市美杉町上多気
       TEL.059-275-0615
出  場  
 柳生新陰流兵法 13:00-
   新陰流兵法 宗家 柳生耕一 先生
              福安實夫
              小川友之
              太田俊介
              斉藤智美

 宝蔵院流槍術 奉納演武 13:20-
  宝蔵院流高田派槍合せの型 表
   素槍:免許 西本昌永
   鎌槍:目録 船谷哲司

  宝蔵院流高田派槍合せの型 新仕掛
   素槍:宗家    一箭順三
   鎌槍:免許皆伝 美馬博幸

観  覧  自由・無料

平成28(2016)年5月5日 伊勢国司講社大祭 北畠神社春季大祭
平成27(2015)年5月5日 伊勢国司講社大祭 北畠神社春季大祭



第37回 奈良仏像彫刻展
「宝蔵院流槍術」出陳
日 時  平成29(2017)年5月12日(金)〜14日(日)
会 場  奈良県文化会館(奈良市登大路町)
主 催  宗教芸術院奈良支部

「宝蔵院流 こども槍術教室」
受講生募集
 我が国を代表する奈良発祥の古武道“宝蔵院流槍術”の技と精神を絶やすことなく次世代に引き継ぐため、10代の子供たちに広く槍術稽古を体験し、ひいては将来の流派継承の主軸となる伝習者として活躍いただくことを目論み本教室を開催するものです。
 本教室を通して“武士道精神”を経験・体得していただくことにより、豊かな人間性を涵養し、歴史文化に関わる学習の機会を提供するとともに我が国独自の古武道文化を未来永劫絶やすことなく伝える青少年を育成し、奈良を代表する伝統文化の継承に資することを期待します。
応募締切:6月24日(土)



第23回 西日本古武道大会

宝蔵院流槍術 演武

日時 : 平成29(2017)年6月25日(日)11:00〜

会場 : 大阪市立阿倍野スポーツセンター
      545-0052
      大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-100
      TEL.06-6647-0086
      

主催 : 円心流居合据物剣法
      TEL・FAX.06-6623-6309

観覧 : 自由・無料

宝蔵院流槍術 演武 
 宝蔵院流高田派槍合せの型
 表
    素:尾野好司・鎌:若林幹雄、
    素:長田眞男・鎌:美馬博幸
    素:土屋明洋・鎌:西本昌永
    素:小寺直樹・鎌:加藤了嗣


 
宝蔵院流高田派槍合せの型 新仕掛
    素:一箭順三、鎌:前田繁則





平成28年 第22回西日本古武道大会  H28(2016).6.26
平成27年 第21回西日本古武道大会  H27(2015).6.28
平成26年 第20回西日本古武道大会  H26(2014).6.29
平成25年 第19回西日本古武道大会  H25(2013).7.15
平成24年 第18回西日本古武道大会  H24(2012).7. 1



平成29年度 昇格・昇級報告演武会
 宝蔵院流槍術は、平成29年4-5月に伝習者の昇格・昇級審査を実施します。
 そして昇格・昇級審査合格者には6月10日開催の奈良宝蔵院流槍術保存会総会終了後、保存会役員、会員及び伝習者総員立ち会いのもと、印可状・修得証がそれぞれ授与される予定です。
 この合格者達によって、宗家はじめ諸先輩・後輩に日頃の稽古精進の成果と昇格・昇級を報告し、併せて一般の方々にご覧いただく報告演武会を開催します。
日時  平成29(2017)年7月1日(土)11:00〜12:00

会場 奈良市中央武道場
   630-8108奈良市法蓮佐保山
          4丁目1−2
   TEL.0742-26-1060

    
観覧  自由(無料)



第27回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会

1 趣旨

 宝蔵院流槍術を発祥の地奈良において後世に永く伝え、槍術文化の普及発展を図るため
秋の恒例行事として宝蔵院ゆかりの興福寺の仏前に奉納し、併せて多くの方々にご観覧いただく第27回目の奉納演武会を開催します。


2 開催日時
 平成29(2017)年9月16日(土)13:00〜

3 会場
 興福寺東金堂壇上(奈良市登大路町)

4 次第
 1 読誦奉納  
     般若心経
     唯識三十頌(ゆいしきさんじゅうじゅ)

 2 演武奉納

     宝蔵院流高田派槍合せの型 表
     宝蔵院流高田派槍合せの型 裏
     宝蔵院流高田派槍合せの型 新仕掛

 3 摩利支天石法要


5 観覧・無料

第26回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2016.9.24)
第25回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2015.9.26)
第24回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2014.9.27)
第23回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2013.9.28)
 月刊「武道」2013.11月号 興福寺奉納演武会 掲載
第22回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2012.9.29)

第21回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2011.9.24)
興福寺創建1300年・平城遷都1300年祭 協賛
古武道興福寺奉納演武大会        (2010. 9.25)

第19回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2009.9.19)
第18回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2008.9.27)
宝蔵院覚禅房胤栄師没後400年記念
興福寺 古武道奉納演武大会       (2007.10.07)

第16回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2006.9.30)
第15回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2005.9.24)
朝日新聞(05.09.25)掲載
第14回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2004.9.26)
第13回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2003.9.20)
第12回 宝蔵院流槍術興福寺奉納演武会(2002.9.28)
第10回 宝蔵院流槍術興福寺演武会記念
興福寺古武道奉納演武会         (2000.10.08)   


受講生募集中
宝蔵院流 こども槍術教室演武発表会

趣 旨
 宝蔵院流槍術は、柳生流剣術と共に奈良が発祥の武道です。その流祖は覚禅房胤栄(かくぜんぼう いんえい)といい興福寺の子院、宝蔵院の僧侶です。胤栄は460年前の人物で、槍の修練に努め、猿沢池に浮かぶ三日月を突き鎌槍(かまやり)の技を工夫し、宝蔵院流を創めたと伝えられています。宝蔵院は現在の国立奈良博物館旧館のあたりにあり、その道場では明治初期まで、実際に稽古が続けられていました。
 宝蔵院流の槍は、通常の素槍に対し鎌槍と称する十文字形の穂先に特徴があります。この鎌槍は攻防に優れ、画期的な武器として「突けば槍 薙げば薙刀 引けば鎌 とにもかくにも外れあらまし」との歌が伝えられ、江戸時代を通して全国を風靡し、日本を代表する最大の槍術流派として発展しました。
 当会では今年7月より「宝蔵院流 こども槍術教室」を開講し、この度第二期生が卒業(修了)するにあたり、伝習者をはじめ関係者皆様の前でその稽古の成果を披露します。
 本教室を通じ、学校教育だけでは学べない奈良が発祥の武道文化に関わる学習の機会を提供し、“武士道精神”を体験・体得してもらうことで、豊かな人間性の涵養に寄与することができたものと考えます。是非、こころ大きく成長した“小さな伝習者”たちの勇姿をご観覧・応援賜りますようご案内申し上げます。

主催・後援・指導
  主催  奈良宝蔵院流槍術保存会  
        会長 花山院 弘匡(春日大社 宮司)
  助成  文化庁文化芸術振興費補助金
        (伝統文化親子教室事業)
  後援  奈良市教育委員会
  指導  宝蔵院流高田派槍術

会場
  ならでん武道場
   (奈良市中央武道場)大道場
   630-8108
   奈良市法連佐保山4丁目1-2
   TEL.0742-26-1060



出場 こども槍術教室 受講生

観覧  自由(無料)























平成29(2017)年度 宝蔵院流槍術 行事予定・報告
平成28(2016)年度 宝蔵院流槍術 行事報告
平成27(2015)年度 宝蔵院流槍術 行事報告
平成26(2014)年度 宝蔵院流槍術 行事報告
平成25(2013)年度 宝蔵院流槍術 行事報告
平成24(2012)年度 宝蔵院流槍術 行事報告
平成23(2011)年度 宝蔵院流槍術 行事報告
平成22(2010)年度 宝蔵院流槍術 行事報告
平成21(2009)年度 宝蔵院流槍術 行事報告




連載:宝蔵院流槍術
  宝蔵院流高田派槍術 第二十世宗家 鍵田忠兵衛
                                 タウン誌「うぶすな」 連載
目次
1 宝蔵院流槍術と私 
2 槍と矛 
3 槍の種類
4 中世の興福寺
5 宝蔵院覚禅房法印胤栄
6 柳生と宝蔵院
7 武蔵と宝蔵院
8 宝蔵院流槍術の系譜
9 宝蔵院流槍術 奈良への里帰り
10 宝蔵院流槍術の技術
11 宝蔵院流槍術と川路聖謨
12 宝蔵院流槍術の遺跡




宝蔵院流槍術 伝習者募集




宝蔵院流槍術DVD・ビデオ

奈良宝蔵院流槍術保存会が制作したDVD、ビデオ、テープのご案内です。
宝蔵院覚禅房胤栄師没後400年記念
DVD 興福寺古武道奉納演武大会

平成19(2007)年10月7日に興福寺において開催した、15流派による古武道奉納演武大会記録ビデオです。



2017. 4.17