高田又兵衛 武蔵と対決した三人の武芸者「高田又兵衛」 岡八幡宮 にっぽんの剣豪「高田又兵衛」 「槍の又兵衛」顕彰碑建立協賛金募金
岡八幡宮

岡八幡宮


 
 源頼朝は、文治5(1189)年6月、奥州平泉の藤原泰衡追討の院宣を得て、鎌倉・鶴が岡八幡宮に参拝し、戦勝を祈願しました。
 そのとき頼朝は、戦勝し日本全土を平定した暁には、鶴が岡八幡宮末社を全国六十余国に建立すると祈願し、第一番を伊賀国にとの神意を受けました。翌年9月奥州攻略後、伊賀白樫の地に方四町の神域を設けて鶴が岡八幡宮の第一号末社の建立に着手し、建長元(1190)年工事を完了しました。
 社名の「岡八幡」は、鶴が岡八幡宮の末社を示す略称です。末社建設は伊賀国を最初に全国に進める予定でしたが、頼朝の没後その計画は中止され、岡八幡宮が最初で最後の末社となりました。
 境内には、徳川三代将軍家光の時代、37歳の若さで亀山城主となった白樫出身の中川甚兵衛重規が奉納した等身大の木彫神馬があります。この神馬は、白樫出身の槍術の名人・高田又兵衛が岡八幡境内で近隣の若者達に槍術を教えていたころ、甚兵衛も又兵衛について槍術を学び、そのお陰で出世できたとしてお礼の奉納したものです。

 (歴史作家・奥瀬平七郎氏「伊賀風土記」転載)

 境内は、宝蔵院流槍術高田派祖・高田又兵衛が修業し、若者達に槍を教えた「又兵衛修業の森」として知られています

 平成13年は、高田又兵衛没後(寛文11(1671)1月23日)330年にあたり、これを記念して、1月20日(日)「高田又兵衛師330年祭記念・岡八幡宮宝蔵院流槍術奉納演武」が挙行されました。


所在地  518-1151三重県伊賀市白樫3638
電話   0595-20-1828
FAX   0595-20-1246
地図   




宝蔵院流高田派槍術・祖 高田又兵衛「槍の又兵衛」顕彰碑 除幕式 H27(2015). 4.19
平成27年 宝蔵院流槍術 高田又兵衛修行の森 岡八幡宮 春大祭 奉納演武会 H27(2015). 4.19

平成26年 宝蔵院流槍術 高田又兵衛修行の森 岡八幡宮 春大祭 奉納演武会 H.26(2014). 4.20

宝蔵院流高田派槍術祖・高田又兵衛師300年祭記念
岡八幡宮 宝蔵院流槍術 奉納演武会                          H13(2001). 1.21


ブログ
 勝ち運の神様 岡八幡宮                       2006. 2.16
 くノ一の実態                              2007. 1. 6
 とんぼ日記                               2007. 9. 4

 貘の伊賀生活                             2008. 4.20
 愛しきものたち                             2008. 4.20
 縄文の風                                2008. 4.22
 TO THE SKY                              2008. 8.20
 デルタホース馬券術 競馬予想、買い目点数1点買い    2011. 4.18
 頭の中がブルースクリーン                     2012. 1.30
 蚊蜻蛉おやじの影撮り草紙 かとんぼ              2012. 9.19
 伊賀通信                                2012. 9.20
 伊賀通信                                2012. 9.21
 ぶんと 85号                              2012.12.15
 岡八幡宮 初禊                            2013. 1.23
 なないろの道〜                            2013. 1.13
 α-PHOTO倶楽部                          2013. 4.14
 亀山藩の武芸                             2013.10.12
 白樫                                           
 2014年 初詣特集                                  



   
2015. 4. 3
2003/07/12