全日本剣道演武大会


京都・武徳殿
第114回 全日本剣道演武大会
京都大会


大会の歴史
 武徳会創立直後の明治28年10月26日、大日本武徳会本部主催により第1回武徳祭大演武会開催
明治32年5月4日から新たに武徳殿が主会場となり以来毎年実施
 戦後、全日本剣道連盟が結成されてより、京都大会の名称で昭和28年5月4日、大日本武徳会武徳殿において開催
以来、各種武道型・杖道・居合道の演武及び剣道個人試合が行われ、全国の剣道人が一年間の修練の成果を披露する演武大会として、また全国剣道士の交歓の場として普及し今日に至る。

 宝蔵院流槍術は昭和56年より毎年出場し、本年も開会式直後、第一番目に演武をさせていただきました。
 さらにこの日、108組の各種古武道流派が演武を披露されました。

日時  平成30(2018)年5月2日(水) 8:30〜
     宝蔵院流槍術演武:開会式直後(第一番)

会場  京都・武徳殿
     京都市左京区聖護院円頓美町46-2
      (平安神宮西北隣)
     電話075−751−1255
     

主催  財団法人 全日本剣道連盟

観覧  無料














宝蔵院流槍術
宝蔵院流高田派槍合せの型 新仕掛
  素槍 宗家    一箭順三
  鎌槍 免許皆伝 粕井 隆

宝蔵院流高田派槍合せの型 表
  素槍 免許皆伝 前田繁則
  鎌槍 免許皆伝 尾野好司


参考:平成30年度(第114回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成29年度(第113回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成28年度(第112回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成27年度(第111回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成26年度(第110回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成25年度(第109回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成24年度(第108回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成23年度(第107回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成22年度(第106回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成21年度(第105回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成20年度(第104回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成19年度(第103回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成18年度(第102回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成17年度(第101回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成16年度(第100回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成14年度(第 98回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成11年度(第 95回 全日本剣道演武大会)概要
参考:平成 6年度(第 90回 全日本剣道演武大会)概要

2017. 5. 2