阿倍野駐車場協会
情報革命時代にあたり
   

 

Main  

Back


I.T.(情報通信技術)革命時代にあたり
 
昭和39年に協会が発足して以来29年間は、事務所は役員さんのお宅におかれ、
あらゆる庶務は役員全員の奉仕に依っておりましたが、平成4年6月に現在の地に
専従事務員のいる事務所を設けたことを全会員にご通知致しました。

平成4年3月〜12月
 @事務システム構築答申依頼
  Aコンピューター導入
  B会員経営実態調査
  C調査事項のコンピューターへのデーター入力(30周年式典で協会概要として配布)
  D車庫証明業務電子システムの構想着手
平成5年
  E他協会の電子システムの研究 
  F車庫証明システムソフト開発作成 
  G阿倍野署車庫証明係とのデーターすり合わせ
  Hデータ−整理とコンピューターへのデータ−入力

A.平成6年3月全会員へ車庫証明電子化システム開始の通知。
  小泉内閣の「e-Japan重点計画2002」による平成14年8月には
  「自動車保有関係手続のワンストップサービス」のグランドデザインが決定され
  平成15年度に一部地域で実用化に係る試験運用を行い、平成17年には本格運用を
  目指すこととされております。
  これらは車庫証明業務が完全ネット化され申請から認可までを一本のネット上
  で行えるようになる予定で政府部内で調整、システムの作成が行われております。
  このような時代の波を受け平成14年9月協会ホームページを試験的立ち上げ
  そして成功し、ヤフー、ニフテイ、グーグル等他の検索サイトへ登録に至り、
  現在主要サイトへ協会の多数の項目が掲載されています。

B.平成15年2月全会員へ協会ホームページ立ち上げを通知。
  同時にホームページを通して各駐車場からの契約車両の異動通知のシステムソフトを
  試験的に作成し、将来に対する準備作業を行っております。
  これは会員多数がブローバンド対応の機器を備えることにより、瞬時に会員からの情報が
  協会のコンピューターへ入力されることになります。
  又協会からの連絡がネット上で又E-mailを使って会員と協会との双方向の通信が
  安価な費用で構築でき又協会員皆様が世の中での多くの情報の収得が容易にできるようになります。
 以上が現在までの協会事務システム電子化の経緯です.
 

C.ネット通信という最新の情報手段を経営に充分に活用頂き、同時に協会へも皆様の
  情報を提供頂くことです。
  つまり、HPの伝言板への書き込みやメール送信を多数期待しております。
  その為にも各経営者は機器導入と共にADSLや光ケーブル対応の装備をお願い致したく思います。
  現に政府は上に述べましたように平成17年目標にIT革命の宣言をしております。
 上記のように協会では、世の動きに対応できるよう常に研究、実施しておりますが、
  会員各自も、歩調を同じくし、より良い経営の環境造りに邁進致しましょう。

 

Main  

Back

 

 〒545−0022
 大阪市阿倍野区阿倍野筋5−9−21ヒカタビル2F

TEL06−6615−8555          

FAX06−6615−8556          

(所在地地図)         

お問い合わせがありましたら事務局迄メール又はお電話で!!

この画面はMSIE5.5以上でご覧ください。それ以外ですと不具合が出るかもしれません。

ver.2.2 and Y.Ueda have The Copyright

このホームページについて内容及び仕様においては断りなく改変、削除する事があります。Y.Ueda