斑鳩文化財センター全景(イメージ図)
 後方は藤ノ木古墳



 田園風景のなかに建つ斑鳩文化財センターの

 瓦葺平屋の建物は、のどかな斑鳩の自然と
 歴史的景観に溶け込むたたずまをしています。

斑鳩文化財センター 平成22年3月20日(土) オープン
    歴史・文化遺産の豊かな、特色ある町づくりをめざす斑鳩町では、
     藤ノ木古墳の案内を行う施設としてだけでなく、文化財の調査・研究
     及び情報発信の拠点として、「斑鳩町文化財活用センター(愛称:
     斑鳩文化財センター)」を3月20日にオープンしました。

       開館は午前9時〜5時(水曜日休館)
 斑鳩町文化財活用センターのデータ
愛称 : 斑鳩文化財センター
  住所 : 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西1−11−14 地図→→→
0745−70−1200
鉄骨・日本瓦葺・平屋建
          建築面積 : 展示棟 341.42u 管理棟 190.97u 

               

建物外観







外には朱塗りの石棺模型を展示


館内の案内
   ○これが見取り図です。
○展示棟の入り口を入ると左側に受付、右側には、 
 
藤ノ木古墳や古墳に関する図書が並ぶ、図書  
 コーナーがあります。
○図書コーナーから展示室へ続く通路は、石室の 
 石積みを表現した幻想的な壁面に仕上げられ、

 通路を進んでいくと
古代ロマンがどんどんふ
 らみます。
○映像ホールでは、30人程度のミニ講演会や、
 
セミナーなども行えます。
○展示室には、中央部分と、壁面に面して「コ」の
 字状に展示ケースが並べられています。そして
 示ケースの中には、藤ノ木古墳の主な出土品
のレ
 プリカ(馬具類・刀剣類・装身具類・土器類)
 が展
 示されています。この展示ケースは空気の
密閉率
 が高いエアタイトケースを使用し、国の
重要文化財
 など、貴重な文化財の展示が可能
となりました。
○展示室には、実物大の凝灰岩製の石棺レプリカ
 あり、石棺蓋が開けられ、日頃見られない内部
に映
 し出される映像により、開棺調査の疑似体験
ができ
 ます。

管理棟にある特別収蔵庫は、24時間温度や湿度
 の管理と、万全なセキュリティ体制がとられています

 
斑鳩文化財センターオープン後は、国の重要文化財
 など、貴重な展示品の収納も可能になります。
斑鳩の文化財について知りたい時はぜひ、斑鳩文化財センターを、たずねてみてね。 

  
 
     
お問い合わせ
   斑鳩町・生涯学習課 рO745−74−1001(内線238)